話題のココナッツオイル~緑のアロマ部屋vol.29

こんにちは、看護師・アロマセラピスト 緑です。

 

ゴールデンウイーク突入ですね。
のんびり過ごせる連休に、なにかやってみたいことがありますか?

 

海外逃亡や、近場の温泉。
気になっていたお店めぐり。
ゆっくり本を読んだり、ひたすらおうちでゴロゴロもいいですねえ。

 

そんなわけで?今回は休日に試してみたい、話題のオイル(植物油)をご紹介します!

 

去年くらいから流行っている、ココナッツオイル。

ダイエットや認知症予防によいとテレビや雑誌に取り上げられていますね。
すでに使っている方、気になっている方も多いのでは?

 

有名女優さんたちも愛用していることで一気に広まりましたが、
アロマセラピーの植物油としても、ずいぶん前から使われているのです!

 

とは言え、、私自身は、あまい香りがなんとなく苦手で、ほとんど使ったことがありませんでした。。最近よく質問されるし、これは体験しておかなければ!と思い、購入してみました。

 

ココナッツオイルは、25℃以下で固形化します。

はい、固まってます。
冬はカチカチですが、これからの季節はクリーム状~液体になります。

 

香りは…うん、ココナッツ。あまい。。
ですが、鼻というのは徐々に慣れるもの。
段々気にならなくなってきました。
むしろ好きです。

 

ココナッツオイルは、飽和脂肪酸が多く、酸化しにくい植物油です。

中鎖脂肪酸が、脳を活性化させ、認知症予防につながると言われています。

 

中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体に変わります。
このケトン体が、脳のエネルギー源になってくれるそうです。

 

通常、脳はブドウ糖をエネルギー源にして活動しています。
アルツハイマー病になると、脳の神経細胞に変化が生じ、ブドウ糖をうまく使えず、脳がガス欠のような状態に。
ブドウ糖の代わりに、ケトン体を脳に送ってあげると、脳は再び活動する可能性があるそうです。

 

また、中鎖脂肪酸は体に蓄積しにくく、脂肪を燃焼しやすいそうです。

そのため、ダイエットに効果的と言われていますが、もちろんカロリーの取り過ぎには要注意!!

先日テレビで、糖質の代わりに、ケトン体をエネルギー源に置き換えるダイエットが紹介されていました。

(糖尿病・腎・肝臓疾患の治療中の方は医師にご相談を)

 

食用としてはもちろん、スキンケアにもよいとされているので、試してみました。

 

まず、手始めに。
パッチテストのつもりで、ハンドクリームのように。

お、あっという間に体温で溶けます。
肌馴染みもよく、さらりとします。
お風呂上がりの保湿ケアとしてもいいかもしれません。
パッチテストで問題なければ、お顔にも使えます。

 

私は最近、クレンジングに使用しています。
(クレンジング剤が切れたのがきっかけで笑)
メイクとなじませたら、お湯で濡らしたガーゼタオルなどで優しく拭き取り、いつも通り洗顔。

 

ヘアケア
南国ではココナッツオイルを髪に塗り、紫外線による痛みを防いでいるそうです。
あちらの方って髪が艶々してますもんね。

 

シャンプー前に、オイルで頭皮をほぐすようにマッサージし、蒸しタオルでしばらくパック。
その後、しっかりシャンプーで流します。

 

洗髪後に使用する場合は、毛先中心に薄くなじませるといい感じです。
使用量が多かったり、根元につけるとぺたっとなっちゃいます。。

 

日焼けには注意。
紫外線の刺激は和らげるものの、日焼け予防にはならないようです。
お顔に塗る場合は特に、オイル焼けしないよう、夜間の使用がいいかも。

 

スィーツ
以前、テレビ番組で、ローラちゃんがココナッツオイルを使用したスィーツを作っていました。

 

しっかり洗ったリンゴを、皮付きのままスライス。
フライパンにココナッツオイルを入れ、リンゴを焼く。
シナモンシュガー・ハチミツをかけてできあがり。

ついでに、パンケーキもココナッツオイルで焼いてみました。
うん、ココナッツの風味があっていい感じ♪

私の友人はよくコーヒーにココナッツオイルを入れて飲んでいます。
ココナッツオイルの香りがふんわり香ってちょっといいフレーバーコーヒーに変身。

 

ココナッツオイルのうがい。
オイルプリングとも言い、自然療法であるアーユルベーダの健康法の1つ。
(アーユルベーダとはインドやスリランカに伝わる伝統医学。)

口の中には何兆個という細菌・バクテリアが生息し、毒素を排出します。
水よりも、オイルでうがいする方が、除去効果が高いそうです。

 

主な効果として、
口内から体内の毒素を排出するデトックス効果
口臭・歯周病予防
歯のホワイトニング効果
うがいで口の周りの筋肉を使うことで、ほうれい線の予防や血色・ハリを良くする
免疫強化によるアレルギー体質改善

 

これはやらねば!

 

小さじ1~大さじ1杯のココナッツオイルを口に含み、15分程うがいする。
口に入れた瞬間、半固形状のココナッツオイルがじんわり溶けていく感覚。
バターをそのまま口にするような違和感と、罪悪感?がありました。
オイルが完全に溶けたら、唾液と混ざり水っぽくなってきます。
そのまま、口のまわりの筋肉疲労を感じつつ、クチュクチュと15分。

 

老廃物を含んだオイルは飲み込まず、必ず吐き出すこと。
洗面台でなく、新聞紙などに出した方がいいようです。
もとはオイルですからね。

 

最後は塩水でうがいするとさっぱり。
起床後、空腹時にやるといいそうな。

 

ちょっと続けてみようと思います。

ココナッツオイル、私の周りでも流行っています。
早々に、母の日のプレゼントにした友人も。
気になる方はぜひお試しあれ!

(植物油も、アレルギー反応が出る方もいらっしゃいます。
必ずパッチテストを行いましょう。
一度にたくさん摂ると、下痢など起こす可能性もあります。
少しずつお試しくださいね。)

【次回は5月15日に更新予定です】

※情報は2015.5.1時点のものです

池田 緑

看護師・アロマセラピストとして活動中。
福岡市内 椎名マタニティクリニック 柳川市 清和会長田病院 を中心にメディカルアロマセラピーを行う。
岩田屋コミュニティカレッジ 「メディカルアロマセラピー講座」などで、自分自身も楽しみながらアロマの奥深さを伝えている。
池田さんのコラム連載はこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/tag/salon_verte/

関連タグ

この記事もおすすめ

ファンファンユース最新号はこちら
プレゼント応募はこちら
ふくおかで学ぼう
ごちそうキッズ食堂

一押しコンテンツ

特集ランキング

今日の♡人気No.1