依頼主さんとのメッセージを活用しよう – 九州お仕事モールでスローワークライフ

お久しぶりです。 ほぼ月1更新?の、ノラ猫コラムです。

 

家を断捨離して住所不定になって そうしてヒッチハイクの旅に出ようとしてるので

ネットの中でも リアルの世界でも ほんとにフラフラしてるノラ猫コラムニストこと久保巴です。

 

まぁ意外と笑い事でも無いんだけど。笑

 

【どこでもお仕事可能な媒体】ってすごいね。

 

これからどこに行くか私にもわからないけれど、

ランサーズの中では、フラフラとどこに行ってもお仕事可能なんだから。

 

 

 

こうしてこのコラムを読んで下さる方々とは

地球上のどこに居たって、私は繋がってられるんだ。

 

流れて

形を変えて

留まりつつも自在であったり

動きつつも不動である。

 

人は皆、そうした性質を備えているんだと私は思う。

 

ネットでもリアルでも

ノラ猫しながら生きる私を

どうか見守っていてください。

 

とりあえず、お仕事はスマホで可能なものばかりを選ぶことにはなるんだろうな笑

 

依頼主さん。是非そんな案件を回してください♡

 

 

さてさて。

 

今回のコラムテーマは【依頼主さんとのメッセージ】について。

 

私がオシモーに登録した当初、すごく興味があった案件が「LINEスタンプデザイン募集」ってやつ。

 

クリエイターズスタンプとかいうのが開始になったのもあって 一年くらい前は、かなりの数の案件が上がってたんだよね。

 

最近はだいぶ少なくなってるけど。

 

私ね、絵を描くのは得意なんだ。

だから、LINEスタンプ作りたいなぁと思ってた。

 

だけど、パソコンスキルは殆ど無い。

だから

原画を送るから 良いなと思ったら、それをデータ化して使ってくんないかな?って思ってたの。

そーゆーのは「ナシ」なのかなぁ?って。

 

まぁ今思えば、 それらの手間込みで報酬を上げてるんだから「ナシ」だろ。って話なんだけど。笑

 

 

ランサーズの使い方もよくわかんなかったから 「提案」後に出てくる「一言欄」で、それを伝えてみたんだよ。

 

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ