【Tomoe Kubo】世が明ける 差し込む光が めでたやと 新たな年が 喜びに沸く

のら猫巴の 迷い道もただの道〜「内光外輝」の日々も一歩から⑳〜

 

明けましておめでとうございます。

新年早々、こうしてコラムにてご挨拶出来る事を嬉しく思っております。

コラムのお話を頂いて、更新頻度は好きにして良いよと言って頂けたから

「んじゃ月水金にします〜」

何て軽く言った時には

クリスマスも

元旦も

更新日になってたなんて思いもよらなかった。

 

皆様

改めて

旧年はお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

私の好きな食べ物ランキングの

かなり上位にある「お餅」。

一年で

最も私がムチムチになるこの季節の

功労者MVPだ。

 

1kg一袋なんて

割と軽いの♡

太っちゃう〜

なんて言いながら

でも

食欲が止まらない〜

そんな女子。

それが女子。

とは言えほどほどに。

 

新年早々喉など詰まらせることのありませんように。

皆様良い新年をお過ごしくださいませ(*^^*)

年明け早々、

会って「誰?」てなんない様、私もお餅の食べ過ぎには気をつけたいと思っております。

とは言え

それも女子。

それが女子♡

 

日々の変化

出逢いの素晴らしさ

自身と向き合う事で得たもの、環境、心境

どんなに揺れる自分の心があったとしても、辿ってきた道こそが真実。

迷う自分と同じくらい

信じる自分がいる。

ブログには、そんな自分が体験した、様々な思いについて、綴っています。

どちらの私も居て良いように

どちらのあなたも、居て良いんだと思う。

【毎週水曜日更新】

※情報は2014.1.1時点のものです

久保 巴

1982年9月2日生まれ。

幼少期より、見えない世界を表現することが好きで、どこか浮いた心そのままにフワフワとした人生を歩んでいる。登校拒否、拒食症に過食症、薬物依存に恋愛依存にと、内面・外面共に、およそ思春期女子を悩ませただろう事は、粗方経験済み。 その後、母の介護・死別、父との決別を経て介護という仕事に就き、「生きているとは」について、真剣に向き合い始める。そんな中出逢った「鑑の法則」と「美塾」を通じ、何に囚われる事なく、ありのままに生きる事、その命の輝きこそが、人の美しさなのだ、という事を知る。内側の光こそ外側の輝きである、究極美「内光外輝」への道、只今絶賛手探り進行中!

この記事もおすすめ