karte.23 ヒトはヒト。私は私。

3週間ぶりに、こんばんは~。

隔週更新のはずが…

またしても1週間とんでしまいました(^_^;)

 

いつも前置きが長くなりすぎるので。

今日はいきなり本題。

前回のコラムでチラッと触れた…

 

【情報過多の現代で、自分基準を保つのって難しかーーー!】

 

というテーマについて、

私なりに思うことをつらつらと綴ってみます。

 

自分基準ってつまり…

『人からどう思われたい。』ではなく

『自分はどうありたい。』か、ってこと。

 

『お金持ちに思われたい。』のと

『お金持ちになりたい。』のは全然違うということ。

(例えが下世話やな(^_^;))

 

『いつも笑顔の優しいママだと(他人から)思われたい。』のと

『いつも笑顔の優しいママでありたい。』のが違うということ。

こっちの方がしっくりくるかな?

「なにになるか」より「どうあるか」が大事。

波が打ち寄せてきても「自分」をしっかり持っていれば流されない。

そして情報過多と一言で言っちゃいましたが、

自分基準を保ちづらくなった最たる原因は、

SNSの普及なんじゃないかなあ、と思うのです。

 

SNSの進歩で、

『所詮、別世界の人』と割りきることができる有名人や芸能人ではなくて

自分と同じ、ごくごく普通の人たちの日常が、

嫌というほど目に入ってくる時代になりました。

 

SNSで

他人が仕事をバリバリこなしている姿を見ると、

自分ももっとデカい仕事をしたい、もっと認められたい、って思う。

他人が毎日愛情たっぷり、手の込んだ料理を作っている姿を見ると、

家族にお惣菜を買って帰ってるようじゃダメだ、って思う。

他人のモデルルームみたいな部屋を見ると、

自分の家がゴミ屋敷みたいに見えてきて、切なくなる。

 

…そんな経験、ないですか?

 

本当は、今の自分にとって

・必要なこと

・やりたいこと

・守るべきこと

・貫きたいこと

・楽しいと感じられることetc.

その優先順位をはっきりと自覚できていれば、

他人の日常なんか覗いても、

『へえー、すごいね。』程度のリアクションで終わるはず。

『まあ、私は私で、今こういう状況だから。』と。

 

でも、膨大な数の他人の、

膨大な数の日常を目にしていたら、

みんなキラキラしてて、

みんな頑張ってて、

みんなセンスが良くて、

みんな余裕ある子育てしてて、

みんなプライベートが充実してる気がしてきませんか?

 

仕事や子育てに追われてヒーヒー言って、

必死で毎日のノルマをこなしてる自分なんて、

なんだかとてもカッコ悪い気がしたりして。

 

今の自分が本当に大切にしたいもの…

大切にしなきゃいけないもの…

そりゃあ見失うのも無理はない。

外からの情報がありすぎて自分を見失うことも…

外からの情報がありすぎて自分を見失うことも…

例えばね、私の場合。

あまり料理は得意じゃありません。

作れなくはないけど(←強がり)、面倒くさい。

しかも、私が好きなのは素朴な田舎料理。

焼き魚、味噌汁、おひたし、佃煮…みたいな。

くすんだ茶色っぽい食卓(笑)。

子供達に不人気な献立(苦笑)。

わざわざ野菜を飾り切りしたり、

彩りに三つ葉やかぼすを添えてみたり…

そういう気の利いた小技は、一切しません。

…間違いました。

やりたくても、できません(キッパリ)。

それが家庭料理だ、母親の味だ!くらいに思ってましたけど。

Facebookで繰り広げられる、

子供の遠足や運動会の、豪華絢爛なお弁当博覧会に影響され…

まだまだママ初心者だった頃の、長男の遠足では、

汗水たらして渾身のキャラ弁作りましたもん。

それが素敵なママの象徴のような気がして。

 

完全に背伸びしてたな~((+_+))

 

幸い(!?)うちの長男は、

普段見慣れない食材だらけのキャラ弁を、

喜ぶどころか完全拒否で(苦笑)

結局保冷剤代わりの冷凍ゼリーしか食べてくれなかったという…

あっぱれなエピソードがございまして。

その日限り、

 

『我が家の辞書にキャラ弁という文字はない!!!』

 

と、堂々と胸を張って生きていけるようになりました。

(それ以降の、娘や次男の意向は完全無視)

 

『ヒトはヒト、私は私』

↑↑↑

ほら、前回のコラムと繋がってますよ~♫

これ、本当に大事。

ヒトはヒト、自分は自分。

ヒトはヒト、私は私。

無理して人の真似なんかしなくても、

(キャラ弁を作らなくても)

子供への愛情表現は、

私なりの言葉や行動で、

きっと示せてるはずだからいいんです。

(そう信じたい)

 

SNS(を含むネット環境)を否定する気なんて毛頭ありません。

便利だったり、

面白かったり、

旬な情報が手に入ったり。

私もかなり利用させてもらってます。

 

でも。

 

SNSなんて…

虚構・虚像の巣窟です。

フィクション。

あるいは過大演出。

等身大のノンフィクションだとしても、

みんな、自分の裏も表も丸出ししているわけじゃない。

綺麗な所、イケてる所、かっこいい所だけを切り売りしてる。

だから、妄信する必要はないし、

ましてや振り回されるなんてバカバカし過ぎる。

 

実際、私もいろいろ驚かされたことがあります。

基本的に、私、バカ正直に情報を鵜呑みにする方なので。

SNSでの友人の投稿は、額面通りに受け取ってましたが。

 

仲睦まじい夫婦の様子をアップしていた友人が、

実は離婚寸前とか。

 

仲良しコメントのやり取りをしていた子同士が、

実は裏で陰口の叩き合いとか。

 

なかなかドヒャー!!!なことがありまして。

 

ああ…SNSとかネットとか…

嘘だらけなのね…と

大人の階段を数段は昇って、

クールに周りを見つめられるようになりました。

 

最近は、

大人のバースデーパーティだの、

ハロウィンパーティだの、

ドレスコードを決めて、

派手な演出をして、

盛大なイベントとして企画されることが年々増えているのも、

『他人に見てもらって、賞賛してもらいたい。』という欲求が、

少なからず影響してるんだろうな…と思ってます。

 

決してそれが悪いわけじゃありませんよ。

自分が参加する分には楽しいですしね。

 

ただ、これも前回のコラムで取り上げた「美魔女」論争と同じで、

発信する側の問題じゃなくて、

受け取る側の問題。

 

SNS(を含むネット)の情報なんて、

いい加減なものなんだと割りきったうえで。

『ヒトはヒト。私は私。』目線を大事に。

上手に楽しく利用できるといいですね(^^♪

 

他人と比べて落ち込みそうになったら、

迷わず数日、ネット環境から自分を隔離してみましょう。

他人のことを気にしない生活って、

こんなに心穏やかに過ごせるものなんだ…と、

改めて再確認できるかも!?

たまにはネット環境のない場所へー。

たまにはネット環境のない場所へー。

最後にもう一度、大きな声でご一緒に。

 

『ヒトはヒト。私は私。』

 

おあとがヨロシイようで♫

 

とはいえ、

サプライズなバースデーパーティとか、

実はとっても羨ましいですな(笑)

誰か、私の誕生日にも企画してください^m^

 

企画が無理なら、

せめて右側の♡マークをポチッとな♫

 

チャオ♡

 

完成したばかりのクリニックのHPはこちら。

↓ ↓ ↓

http://tsc-h.com/

公式facebookページはこちら。

↓ ↓ ↓

https://www.facebook.com/riwa.medicalbeauty

※情報は2015.5.28時点のものです

武田 りわ

お酒と旅と家族をこよなく愛する皮膚科医。
1974年生まれの蠍座、B型。
平成18年から福岡在住。
3児の母。
福岡の魅力にハマり、整形外科医である夫と城南区梅林にタケダスポーツクリニックを開業。マイペースながらも貪欲に、妻業・母業・医者業を満喫中。

この記事もおすすめ