美しき香りローズ・オットー~緑のアロマ部屋vol.31

こんにちは、看護師・アロマセラピスト 緑です。

 

最近、郵便ポストに、ハウステンボスのバラ祭のパンフレットが入っていました。

1000品種の111万本のバラ!

どなたか行かれましたでしょうか?

私も来年こそは行きたいです。

柳川の病院内でも、いろいろな品種のバラが生けてあります。

理事長がご自宅で育てているバラだそうです。

名前を教えてもらったのに、すぐ忘れちゃいます。。

お裾分けに感謝です。

 

それぞれ香りがちがうので、つい鼻を近づけてしまいます。

クンクン。はーいい香り~。

(その姿は若干怪しく、何度か他部署のスタッフに目撃されてしまいました。。)

 

そんなわけで、今回はローズの精油をご紹介します!

お花屋さんでも、なかなかのお値段のローズさん(思わず「さん」付け)

精油になると、とっても高価で、もはやローズ様!と呼びたくなります。

 

水蒸気蒸留法でローズの花から抽出されるものを、ローズ・オットーと呼びます。

「オットー」とはトルコ語で水という意味らしいです。

 

メーカーによって異なりますが、

1kgの精油を抽出するのに、約3~5tものバラの花を使用します。

ローズ・オットーの精油1滴に、約50~150本程の花びらが必要な計算!

 

ブルガリアやトルコが有名な産地です。

最もオイルの含有量が高くなる早朝に花を摘み取り、すぐに水蒸気蒸留にかけられます。

 

そうして完成した精油は、美しく高級感あふれるエレガントな香りがします。

天然の精油のお値段は、1ミリ(約20滴)で4000~8000円程。。

合成の香りとはずいぶんと違うので、ぜひアロマショップで一度嗅がせてもらってください。

香水や、石鹸、化粧水にもよく使われるローズ。

古くから女性も男性もを魅了してきた歴史があります。

ローズは「精油の女王」と呼ばれており、健康・美・若さの象徴とされてきました。

 

クレオパトラがこよなく愛したことでも有名ですね。

薔薇風呂はクレオパトラの代名詞と言われるほど。

シーザーやアントニウスを宮殿へ招く時には、廊下に薔薇の花びらを敷き詰めたそうです。

 

ローズの香りは、女性本来の魅力を高め、異性を惹きつけ魅了するのだとか。

彼女はローズを武器にして、ローマの権力者を虜にしたと伝えられています。

 

ローズは、鎮静効果が高く、ストレスや緊張を緩和し、気持ちを明るく高揚させてくれます。

悲嘆・嫉妬・恨み・落ち込みなど、あらゆるネガティブな感情を和らげると考えられています。

挫折による自信の喪失などの場合にも、ローズオットーの美しい香りが、優しく包み込んで支えてくれるでしょう。

肌のきめを整え、はりを保ち、炎症を抑えるなどの美容効果があります。

美肌にはローズ!なのです。

成分の「ネロール」には、女性ホルモンの調整作用、抗菌作用などがあります。

「ゲラニオール」には、体臭・口臭抑制する働きも。

 

女性生殖器系の不調に役立つとされており、

月経前緊張症・月経不順・月経過多・少量月経・更年期障害などに有効です。

 

以前ご入院されていた患者さんで、ローズの香りが大好きな方がいらっしゃいました。

とても女性らしい方で、精油や香水を揃えたり、エステに行かれることもあったそうです。

ある日、お部屋をたずねると、なにやら香りがします。

『わかる?弟が買ってきてくれたのよ。』

いつの間にやら、お部屋にコンセント式のアロマポットが置いてあります。

隣に100円ショップの「ローズ」のオイルが。

いわゆる合成のフレグランスオイルです。

正直、微妙な香りに感じました。

精油になれてしまっているからだと思うのですが、もわっとしたにおい…。

きっと患者さんも、香りの違いは感じていたと思います。

それでも、いつも弟さんのことを気にされていたその方は、うれしそうに微笑んでいました。

 

「ローズ。〇〇さんのお好きな香りですね。弟さんもご存知だったんですね。」

『ふふ。』

 

それから、しばらくして…

患者さんの状態が日々変化し、眠っている時間が長くなってきました。

弟さんは、その現実が受け止めきれず、あまり病院に来られなくなりました。

静かな病室にお一人で眠っていらっしゃる姿が寂しく見えます。

 

私は、緩和ケア病棟ではほとんど使用しないローズ・オットーの精油を持って、部屋を訪れました。

「〇〇さん、ローズのオイルでお顔のマッサージをしてもいいですか?」

ゆっくりと目を開け、うなづいてくれました。

お顔の後に、手と足とアロママッサージを行いました。

途中、波に漂っているかのように、ゆったりとうつらうつら。

時折、目が合うとにこっと微笑み、また目をつむられます。

とても穏やかなお顔です。

このまま眠るように逝ってしまうのではないか。

一瞬そう感じ、そっと脈を確認しながらマッサージを続けました。

でもそのお顔は、今までに見たことがないほどに穏やかで、本当に美しかったのです。

 

マッサージ後、頬にほんのりと血色が戻っていました。

「バラの香りよかったー。幸せな時間だったわ、ありがとう。」と言い、小さな寝息が聞こえ始めました。

 

私も、穏やかで幸せな時間を共有させてもらっています。

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ローズ・オットーを嗅ぐと、患者さんの女性らしさ・美しさを思い出します。

ローズオイルを持っているという方が意外と?多いのですが、結構合成ものだったりします。

その香りがすきで、薬効を期待しないのであれば全然問題ありません。

中には、「肌に使用しないでください」と書いてあるものもありますので、ご注意を。

 

ちなみに。

100%天然のローズオットーは、10度前後以下になると固形化します。

持っているオイルが、本物かどうか怪しい?時、ちょっと冷蔵庫に入れて固まるか確認してみたらいいかも。

手のひらでゆっくり精油瓶を温めると、液体に戻ります。

(ローズ・オットーは妊娠中は使用しないようにしましょう。)

※情報は2015.6.1時点のものです

池田 緑

看護師・アロマセラピストとして活動中。
福岡市内 椎名マタニティクリニック 柳川市 清和会長田病院 を中心にメディカルアロマセラピーを行う。
岩田屋コミュニティカレッジ 「メディカルアロマセラピー講座」などで、自分自身も楽しみながらアロマの奥深さを伝えている。
池田さんのコラム連載はこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/tag/salon_verte/

関連タグ

この記事もおすすめ