【Feel Fukuoka Japan】「はやかけん」の使い方 Sam introduces “IC Card HAYAKAKEN”

福岡&世界の皆さん、こんにちは!

Feel Fukuoka Japanです♪

 

 

今回の動画は、サムが福岡の交通系ICカード「はやかけん」を紹介しています♪ 「はやかけん」は実はある言葉の略称ということはご存じでしたか? それは、「速くて、優しくて、快適な、券」これらの単語の頭文字を取ったものと、博多弁の「速いから」という言葉をかけて「はやかけん」という名称になったそうです。

出典:福岡市交通局

出典:福岡市交通局

※福岡市交通局⇒http://subway.city.fukuoka.lg.jp/hayakaken/

 

福岡の交通系ICカードといえば、他にもJR九州の「SUGOCA」や西日本鉄道の「nimoca」がありますが、これらのICカードは外国人観光客にも徐々に利用されているようです。それは何故か?外国人旅行者は日本語が読めない方が多い為、電車やバスの運賃表を見てもわからなかったり、お金を取り出すのに時間がかかってしまったりします。しかし、ICカードを使えばそういった心配をせずに簡単に改札を出入りすることができますよね!

 

国土交通省でも2020年の東京オリンピックに向けて、交通系ICカードの普及・利便性の拡大を進めているそうです。ICカードが使えるエリアも徐々に広がってきていて、全国でも「Suica」(JR東日本)、「ICOCA」(JR西日本)、「TOICA」(JR東海)、「Kitaca」(JR北海道)、「PASMO」(東京メトロ、東京都交通局、京急、東急など)、「manaca」(名古屋市交通局、名鉄など)、「PiTaPa」(大阪市交通局、阪急、阪神、南海、近鉄)などが提携したことで、各ICカード対象エリアの相互利用もできるようになりました♪

最近はコンビニや自動販売機でもICカードが使えるようになりましたし、これからもどんどん便利になりそうですね!

 

Feel Fukuokaは日本の便利さやおもてなし精神を世界に伝えるべく、様々なことにチャレンジしていきたいと思います!(Feel Fukuokaは現在、ボランティアで動画の多言語化を手伝ってくれる方を募集しております。興味のある方は、ff-business@feelfukuoka.com までぜひご連絡下さい♪)

 

※情報は2015.6.5時点のものです

Feel Fukuoka事務局

福岡だからこそ体験できる『楽しい』『面白い』を、福岡在住の外国人による視点で紹介しています!まだ福岡に訪れたことがない世界中の人々に、もっと福岡を知ってもらいたい!観光スポットだけではなく、訪日される外国人観光客の『悩み』や『不便』も動画でサポートして解決。YouTubeで様々な情報を発信し、「絶対にFukuokaへ行く!」そんな夢を世界中に届けます♪Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/welcomefeelfukuoka

この記事もおすすめ