【お得な早割チケット販売中】特別展「美の国 日本」この秋、九州国立博物館で開催!

縄文時代の「遮光器土偶」(重要文化財・紀元前1000年~同400年・青森・亀ケ岡出土・東京国立博物館蔵)、平安時代の「釈迦如来像」(国宝・12世紀・京都・神護寺蔵)、鎌倉時代の「重源上人坐像(ちょうげんしょうにんざぞう)」(国宝・13世紀・奈良・東大寺蔵)―。あれも、これも、どれも名宝!日本美術の至宝を一堂に集めた特別展美の国 日本が10月18日~11月29日、九州国立博物館で開催されます。前売り券は7月18日から発売開始ですが、6月30日までお得な早割ペア前売り券を特別販売中です!!

重要文化財 遮光器土偶(青森・亀ケ岡出土)縄文時代・紀元前1000年~紀元前400年 東京国立博物館

重要文化財 遮光器土偶(青森・亀ケ岡出土)縄文時代・紀元前1000年~紀元前400年 東京国立博物館

日本史の教科書などでお馴染みの「土偶」。見れば見るほど不思議な姿です。こちらの「遮光器土偶」は、その名が示すとおり、目の形が多雪地帯の人たちが使用する遮光機(スノー・ゴーグル)に似ています。最近、サザビーズロンドンのオークション”幻の土偶”といわれる縄文時代の土偶が1億9000万円で落札されたと話題になりましたが、土偶には、未知の世界への想像力を掻き立てる不思議な魅力がありますね。

国宝 重源上人坐像 鎌倉時代・13世紀 奈良・東大寺

国宝 重源上人坐像 鎌倉時代・13世紀 奈良・東大寺

治承4年(1180)の兵火で炎上した東大寺の復興に尽力した重源上人の肖像彫刻。数珠を手にし、今にも動き出しそうな雰囲気。800年もの月日を経ているとは思えないほどリアルな存在感です。

国宝 玉冠(琉球国王尚家関係資料のうち)第二尚氏時代・18~19世紀 沖縄・那覇市(展示期間10/18~11/3)

国宝 玉冠(琉球国王尚家関係資料のうち)第二尚氏時代・18~19世紀 沖縄・那覇市(展示期間10/18~11/3)

琉球王国時代の宝物もあります。今回の展示会では、北方の蝦夷地や南方の琉球で育まれた美の多彩な姿も鑑賞できます。

 

九州国立博物館の開館10周年を記念した特別展。10年前、開館した当時の特別展も「美の国 日本」でした。10年の時を経て、九州国立博物館で再び出会える「美の国 日本」をお楽しみに!

 

公式サイトはこちら⇒http://binokuni2015.jp/

 

ただいま、お得な早割ペア前売り券を特別販売中です!6月30日まで。残りわずか!5000枚に達し次第販売終了ですのでお早めに!

一般1枚1600円(前売り1400円)のところ、2枚で2000円!!

ローソンチケット(Lコード85251)、チケットぴあ(Pコード766-777)、セブン-イレブン、イープラスで販売中です。

 ※通常前売り券は7月18日(土)から発売開始です。

 

※情報は2015.6.17時点のものです

九州国立博物館

住所福岡県太宰府市石坂4-7-2
TEL050-5542-8600(午前8時~午後10時)
URLhttp://www.kyuhaku.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ