福岡で働くワインソムリエ オーストリア人のセバちゃん☆どくだみJAPAN

「グローバル化」が耳タコになってきた昨今、この島国ニッポンに 住んでいる外国人 はどのくらいいるんだろう?

調べてみた!日本在住の外国人は135万 人から212万人へとこ の20年間で60%も増加しているという。その意味では確かに「 グローバル化」が進んでいるのかも…

様々な国から夢の国ニッポンにやってくる人々。

留学生、英語の先生、研究者、芸術家、外交官、ジャーナリスト、 スポーツ選手、レ ストランのシェフ、ダンサー、布教活動、怪しい商売…

 

国籍によって、仕事の傾向はあるらしい。

アメリカ人―在留軍人、ビジネスマン、英語講師

オーストラリア人―英語講師、シーシェパードの下請け

パキスタン人、ロシア人—中古車販売

インド人―IT企 業(福岡ではカレー屋さん)

ネパール人(ただ今急増中)―日本語学校で睡眠をとりながら工場 勤務

 ラテン系―サルサの先生

モンゴル人―力 士

異国を遠く感じることはもはやないのでは…。

世界中の国々からさまざまな人たちが来日しています。

日本大好きな人々。ビザの期限が近づくと、なんとかして日本に残 りたいと焦りだす。しかし、 就労ビザをだしてくれる企業は意外と少ないのが現実。

学生ビザを延長するか(また授業料の支払いに追われる)、数少な い就労ビザを出してくれる会社を探すか、500万円投資して自分 の会社をつくる か…道は険しい。

特別な技能~アーティスト、料理人、職人など~がないと普通のお 仕事は4年制大学卒が必須、そうなるといちばんの近道は、Sp ous(配偶者) Visaをとること。
つまり日本人と結婚しちゃうこと。

いろいろ考えて、この道に辿り着く人は多い。

 

もちろんきっかけは、「ビザ」でも幸せな結婚生活を手に入れた カップルはいる。♡

残念ながら、結婚生活にピリオドをうったとしても、在留資格は、 2~3年は継続できるようだ。在留 資格中にきちんとしたお仕事をみつけるか、 またまた日本人と結婚するか….や はりいつの日も結婚は、トランプカード(切り札)に違いない。

 

福岡の外国人の仕事のほとんどは、英語講師か飲食関係。 悲しいこ とに福岡にずーっと住みたくても、 仕事がなくて東京へ引っ越した友人がいっぱいいる。
  

日本語を学ぶ生徒たちのゴールは日本で仕事をすること! しかも福岡限定!
その夢を叶えてあげたくてもなかなか受入れ企業がない。

 

オーストリア人のセバちゃん。

ここ福岡で日本語を学び、 幼稚園などで英語の先生のアルバイトした後、 スキルを身につけるために一時帰国。
オーストリアでワインのソムリエの資格を取得し、 フランスのボルドーで修行し、たくましくなって、 また福岡へ戻ってきた。
その資格を生かし、福岡のホテルでソムリエとして活躍。 今は独立し、ワインセミナーの講師として売れっ子ソムリエ。

うちの学校でも10回 のワインセミナーを行い、大評判!
好きな福岡で自分のスキルを生かして好きな仕事ができる幸せ~ 彼をみていると、外国人だから….というポジションに甘えること なく努力した結果だと思える。

 

国籍、バックグラウンドなんか関係ない。がんばれば道は開け る!!!と信じていこう!

 

ここで少し宣伝を・・・・
近々、セバちゃんのワインセミナーがまた開催されます。


ご興味のある方は、コチラにご連絡くださいませ。
https://www.facebook.com/ profile.php?id= 100004896525496&fref=ts

*ホームパーティー、自宅でのワインレッスンなど、 出張ソムリエとしてどこでも伺います!

 

※情報は2015.6.23時点のものです

WAHAHA*J

(株)WAHAHA Studio Japan, WAHAHA日本語学校代表。16歳の夏、アメリカでホームステイを体験し、異文化の不思議さに出会う。以来、異文化交流へ情熱を燃やし、5年前に日本語学校を設立。 ”違い”を楽しみながら、現在日本語教師として外国人に日本語+αを指導中。

WAHAHA Japanese Language Schoolのfacebook:https://www.facebook.com/wahahanihongo

関連タグ

この記事もおすすめ