絵本作家 荒井良二氏が公開制作!福岡市・イムズで個展「荒井良二じゃあにぃ」

絵本作家荒井良二さんの個展「荒井良二じゃあにぃ」が4日、福岡市・天神のイムズで開幕しました。初日は、地下2階のイムズプラザで公開制作も開催。前夜に制作された福岡オリジナルの新作・荒井良二オブジェに、子どもたちと一緒に命を吹き込ませていく荒井さん。ライブ感溢れる制作現場で、子どもから大人まで荒井ワールドを堪能しました。

NHK教育テレビで人気を博した幼児向け音楽番組「あいのて」の美術セットも登場!

NHK教育テレビで人気を博した幼児向け音楽番組「あいのて」の美術セットも登場!

頭上にはペットボトルの船。1階から地下を眺めると家も建っていました!

頭上にはペットボトルのいかだ。1階から地下を眺めると家も建っていました!

荒井さんは山形県出身。1990年のデビュー以来、『ルフランルフラン』『スキマの国のポルタ』など大ヒット絵本をはじめ、数多くの絵本を生み出しています。大胆な筆遣いと生命感あふれる物語世界の表現が国内外で高く評価され、2005年には、優れた絵本作家に贈られるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人で初めて受賞されました。

個展のタイトル「荒井良二じゃあにぃ Arai Ryoji Journey」にも表されているように、公開制作中、荒井さんは「旅の道中で思いもよらない出会いがある。大切なのは、完成はどこか、行き先はどこかということではなく、次に進もうとする原動力。『途上』や『不完全』であることが次へのエネルギーにつながる」と話していました。

子どもたちも感性のままに自由に作品に命を吹き込んでいました。

子どもたちも感性のままに自由に作品に命を吹き込んでいました。

イムズ地下2階に登場した荒井ワールド。館内の展示を巡りスタンプを集めてアルティアムの展覧会へ行くと…

かわいい金太郎飴がいただけました!(4種類のうち1個)

かわいい金太郎飴がいただけました!(4種類のうち1個)

さて、8階の三菱地所アルティアムでは、命の大切さをテーマにした「イノチダモン」など絵本の原画や船を模した大型の立体作品を展示。新作「鳥たちは空を飛ぶ」の原画32点も日本初公開です!

「鳥たちは空を飛ぶ」の原画

「鳥たちは空を飛ぶ」の原画

たいようをすいこむ門

たいようをすいこむ門

従来の絵本原画展と異なり、必ずしもストーリーに沿った紹介ではありません。額縁に入れられた作品もほとんどなく、「じゃあにぃ」の言葉通り、旅するように自由な気持ちで楽しめる展覧会となっています。

こちら(↑)の大型の船は、5日に公開制作されるそうです。どんな作品になるのかワクワクしますね!

荒井さんの絵本を楽しむスペースもあります。

荒井さんの絵本を楽しむスペースもあります。

会期は8月30日まで。会期中休館日はないので、夏休みの思い出に、ぜひ足をお運びください♪

アルティアムの入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。

アルティアム=092-733-2050

http://artium.jp/

※情報は2015.7.4時点のものです

イムズ

住所福岡市中央区天神1-7-11
URLhttp://www.ims.co.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ