自分の立ち位置を見失ったら…「公」の視点を☆いつもココロに青空を

皆様こんにちは

なんといつの間にか、海外に移住している長谷川です^ ^

現在は、福岡から飛行機で5時間くらい、

バンコクにいます。

バンコクは、常に暖かい気候のお陰で、

とてもゆっくり時間の流れる、住み心地の良い都市です

とはいえ、仕事はスピートが早いですので(汗

気付いたらいつの間にか外が真っ暗、、、

ということが多いです(笑

そんな中、

やっとゆっくり書ものができる時間ができました*

今日書かせていただこうと思ったのは、

《公の話》

私が、自分の立ち位置を整理する時、

柱になる考えがあります。

それは、【公の話】※「公」(一般に通ずること。共通にあてはまること)広辞苑

人には、多くの【公】があります。

私という【公】

家族という【公】

会社という【公】

福岡という【公】

日本という【公】

アジアという【公】

地球という【公】

今の自分は、一体どの【公】で動いているか。

広ければ広いほど良いというものではありません。

私には私、あなたにはあなた。

心地の良い【公】の広さがあります。

なんか窮屈だな。そんな風に思った時、

なんか追われてるな。そんな風に思った時、

今の自分は、【どの公】で生きているかしら、

今の自分は、【どの公】で時間を使っているかしら。

もし、自分が望んでいる【公】で生活していなかったら、

ふと立ち止まって、感じてほしいな、そう思います。

一つ、この過ぎていく私たちの人生を、

自分のために大切に過ごしていく、そんな一つの物差しになってくれます。

私を育ててくれた福岡に、とても近いアジア。バンコクより♪

 

※情報は2015.7.13時点のものです

長谷川 春奈

資産運用コンサルティング、海外不動産投資、海外投資、投資教育関連事業の「Global Investment Academy」経営企画室セールスチーム。

長谷川春奈さんのインタビューはこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/people/1816/

ブログ:http://ameblo.jp/shidowh/

この記事もおすすめ