レゴ好き親子なら絶対ハマる!ロボスクエアと福岡タワーで夏休みのインドア遊び!

毎日しっかり暑い今日この頃。海に山にアウトドアのレジャーにはもってこいの季節です。

でもちょっと待って!

日焼けや熱中症も気になりますよね。そんな時こそインドア施設の登場です。ロボスクエアで頭と体を目一杯使って遊んで楽しんで、ついでに子供の夏休みの宿題も済ませちゃいましょう!
表紙画像はhttp://robosquare.city.fukuoka.lg.jp/guide/outline

2015夏休みはロボットの世界に親子で超接近!

画像はhttp://robosquare.city.fukuoka.lg.jp/guide/outline

ヤフオクドームから歩いてすぐ近く。TNC会館2階にあるロボスクエア(福岡市早良区百道浜2-3-2)では、70種類以上200体以上のロボットがあり、実際に触ったり会話をしてロボットに親しむことができます。
レゴなどブロック好きな子供たちから将来はロボット工学を学びたいと考えている学生さん、またプラモデルなどが好きなお父さん世代まで対象は幅広く、「モノづくり」を通して将来はロボット技術者になりたい!という人のための育成講座というものも行われているようです。

夏休みの宿題もこなせちゃう!サマーチャレンジ工作教室。

夏休みの自由研究や手作り作品に、子供と一緒に頭を悩ますお父さん、お母さんも多いですよね。
そんな時に力強い味方になってくれるのがロボスクエアの「サマーチャレンジ工作教室」です。

この講座を利用して夏休みの宿題を1つ終わらせてしまいましょう!
対象年齢は作る作品によって異なりますが、一番小さくて5歳から(保護者同伴)。
太陽の光で動くソーラーバッタやサッカーロボットのくまモンバージョン。またF1カーやソーラートレインも作ります。上級者になるとロボットアームプログラミングと言う講座で、実際に動かす体験も出来るそうですよ。何だかワクワクしますね♪

このロボスクエアに入場するのは無料ですが、作品によって参加費がかかるものもありますから、事前にサイトをチェックして予約を忘れないようにしましょう!

まだまだあるんです!ロボスクエア近郊のお楽しみ。福岡タワーで巨大迷路や展望クイズ!

TNC会館を出て5分ほど歩くと見えてくるのが福岡タワー(福岡市早良区百道浜2-3-26)。真夏はギラギラとタワーの側面が輝いています。夏休みのインドアお出かけの場所としてはここもずいぶん楽しめますよ!

まず夏休み限定「巨大ダンボール迷路ランド」。インドアだって体を使って汗をかいて、たっぷり走り回りたいのが子供達。ダンボール工作コーナーもあるので、ロボスクエアと福岡タワーで夏休みの作品が2つも出来てしまいますね〜♪タワー展望室から見える景色の中から建物を探す「展望クイズ」もあり、上から下まで福岡タワーが楽しめます!

また、福岡タワーでは夏休みの期間タワーの表面に金魚が泳ぐ「タワーアクアリウム」が開催されます。
このタワーは季節ごとにイルミネーションが変わりとてもおススメです。

間近で見るというよりも、ちょっと離れた地点ちょうど福岡市博物館あたりからタワーを見ると、まるで水族館のようなイルミネーションが見られますよ。ファミリーだけでなくカップルにはとてもロマンチックな光景になることでしょう。
タワーアクアリウム点灯期間:7/18-8/31(19:30-23:00)

インドアだからこその遊びが広がる、夏休みのロボスクエアと福岡タワー。

長い夏休み、普段出来ないことにチャレンジしたり、普段行けない場所に行ってみるのも良いものですね。
百道エリアはヤフオクドームも近く、野球観戦の前に寄ってみようか…なんて考えているみなさんも居るかもしれません。

ロボスクエアと福岡タワーは移動距離も短いし、どちらもインドアなので天候を気にせず遊ぶことができます。
また夏休みだからこそゆっくり時間を使ってタワーの夜景を見て帰る…なんてことも特別感があっておもしろいですよね。

さあ!この夏、お出かけをしてを目一杯楽しみましょう!

 

いいぬまえつこ

 

※情報は2015.7.25時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ