長く暑い夏休み!子どもと一緒にカンタンにできる!エコな暑さ対策大集合

今年も、長くて暑い夏休みがやってきます!

暑い夏休みを有意義に過ごそうと、忙しく予定を入れてお出かけしたり、ママも楽しくなりますよね♪
でも、おうちで過ごす時間も結構長いもの。
ふだんと違って子どもが毎日おうちにいるのですから、よりエコを意識して暑さ対策が必要ですよね。

そこで、暑い夏休みにおうちで子どもと過ごす時の、エコな暑さ対策をご紹介したいと思います。

エコなエアコン温度は28度が常識! でも、子どもといっしょじゃちょっと暑いからプラスする技

家の中でも熱中症になるおそれはあります。エコとはいえ、無理せずエアコンは28度設定で使いましょうね。

でもそれではちょっと暑い!
そんな時には、電気代がほとんどかからない「扇風機を併用」すると、体感温度が2度下がります。

さらに効果的なのは、「首を冷やす」こと。
市販のクールバンド系もいいですが、ない場合は、バンダナなどに保冷剤をくるんで首の後ろにあてましょう。かなり涼しくなりますよ!

また、シャワーを浴びるとあっという間に涼しくなります。
さっとかかるだけでいいので、水道代にも影響なし。これなら一日何回でもOKです。
シャワーは大変…という場合は、ハンドタオルを軽くしぼって冷蔵庫で冷やしておいて、それで汗をふいて扇風機にあたると生き返ります。

暑いと子どもが欲しがりまくり! 飲み物も食べ物も工夫してエコに!

子どもはよくのどがかわきますし、水分はこまめに取ったほうがいいので麦茶はたくさん用意しますよね。

でも、冷蔵庫を何回も開け閉めすると、庫内の温度が上がってしまいます。他の食品にも影響しますし、電気代も上がります。

エコを意識すると、子どもと家にいる時間が長い夏休みは、水筒やポットによーく冷やした麦茶を入れて出しておくといいですよ。
出しておいてもおしゃれなポットもたくさんありますよ。

暑いからといって、アイスの食べすぎも心配です。(大人も・・・)
そんな時、手づくりのアイスだと安心です。とくに料理をしなくても、ジュースやヨーグルトをそのまま凍らせればOKです。
そんな手づくりアイスをストレスなく容器から出すには、「シリコン製」のアイスケースが本当に便利です。
チューブで押し出すタイプと、棒を刺して凍らせるバータイプがあります。100均や、キッチン雑貨やさんで売っていますよ。

子どもに暑いならではのお手伝いをさせて、ママはちゃっかり楽エコ♪

子どもを巻き込んで、水を使ったベランダ掃除も夏休みならでは。
この機会にベランダの不要品を整理して、床や窓までびしょ濡れになって掃除させましょう。

親は室内で眺めて、窓際に足ふきマットを敷いて終わるまで待っておくだけ!
キャーキャーと水遊び気分で喜んでお手伝いしてくれますよ。ただし集合住宅の場合は、隣や下に迷惑にならないように注意してくださいね。

おうちで毎日お昼ごはんを食べるのも、ママには大変だけど子どもには楽しみです。
室温を上げないように工夫したエコクッキングで、もちろん子どもにお手伝いしてもらいましょう。

そうめんをゆでて水切りしたり、炊き立てのごはんのおにぎり作りは、朝の早いうちにやっておくと、お昼ごはんが素早く準備できます。
子どもには野菜やハムなど、火を使わずに食べられるおかずを切ってもらいます。サンドイッチを作るのもおすすめです。
あると嬉しいスープは、冷製スープを作り置きしていると便利ですよ♪

暑い夏休み、子どもと過ごすおうち生活はエコ意識の学びのチャンス!

いかかでしたか?

ママに取っては大変で疲れる、長くて暑い子どもの夏休み。
ですが、子どもといっしょに夏休みだからこそできる、暑い夏をエコに過ごすおうち生活を楽しむ時間と思えば、ワクワクしませんか?

ママも楽チンでハッピー、子どもにとっても大きな学びになりますよ♪

 

福田 明子

 

※情報は2015.7.24時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ