アウトドア夏の風物詩ママライターsawaが選んだ福岡の花火大会3選!

いよいよ夏ですね!夏といえば花火大会!!見逃せないお勧め福岡花火大会の日程や見どころをご紹介します。

毎年約45万人もの大観衆を感動させる「西日本大濠花火大会」 

2015年8月1日(土)  時刻20時から21時30分まで ※花火数6000発、雨天時は翌日打ち上げ

天神から2駅の大濠公園(福岡市中央区)の池の中にある中之島から打ち上げられる為360度から見ることができる

少し離れたところで
●「福岡ヤフオク!ドーム」高台になっている入場口周辺
●「福岡タワー」最上階の展望台
●「福岡城址」(舞鶴公園)高台からの展望スポット
●「西公園参道」
●「南公園」の高い丘陵地帯植物園内展望台、西展望台もおすすめ! 

アクセス福岡市地下鉄空港線 大濠公園駅おりてすぐまたは唐人町下車 徒歩7分 
公式HPはこちらへ。

河川敷に座って見る事ができる「筑後川花火大会」

2015年8月5日(水)、19時40分~21時10分、打ち上げ花火数約1万8000発(福岡県第一位)、※雨天時:8月7日・9日・11日のいずれかに順延  

1万8000発の花火が打ち上げられ、福岡県内では最大の花火大会です。去年も約40万人の人出となりました。久留米市水天宮下河川敷対岸、篠山城跡下河川敷対岸、その他4会場で開催されます。京町会場と篠山会場の2か所で同時に打ち上げられる花火は迫力満点です。

【アクセス】
●JR鹿児島本線「久留米駅」から「京町会場」まで徒歩約10分、「篠山会場」まで徒歩約10分
●西鉄久留米駅から西鉄バス利用、大学病院前下車後、徒歩約10分※西鉄久留米駅から有料シャトルバスも出ます。
●「ベストアメニティスタジアム(JR鳥栖駅前)」では、約1000台の駐車が可能です。 ※15:00~

公式HPはこちらへ。

海岸沿いのどこからでも花火が楽しめる♪「Fukuoka東区花火大会」

2015年9月5日(土)19時30分~20時30分、打上花火数約7,700発、※雨天翌日順延

福岡市東区香椎浜(片男佐海岸) で開催されます。
東区花火大会は、一般市民の方からの募金や、企業様からの協賛・公式グッズの販売により、費用を捻出している全国でも珍しい市民主体の花火大会。台船から打ち上げられるため、水面に映る花火がきれいです。海岸沿いのどこからでも花火が楽しめます。当日のアクセスは車では都市高速の出入り口近くなので渋滞が半端ではありませんJRを使うか、西鉄香椎花園駅で降りて橋を渡っていくのがいいでしょう。

公式HPはこちらへ。

夏の風物詩、福岡花火大会のお勧めでした!

福岡空港から近いため、花火の高さが他の花火大会に比べ低めで大迫力の「西日本大濠公園花火大会」。
福岡最大級の「筑後川花火大会」。水面に映る花火がきれいな「Fkuoka東区花火大会」。

どの花火大会も見逃せません。この夏をさらに楽しむために行かれてみてはどうですか?

 

ママライターsawa

 

※情報は2015.7.25時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ