ケンカしたり愛し合ったり…オトコとオンナ、こんなに違うの?その3~やのっちパパ#72

『オトコとオンナの攻防は続きますww』

各々、色々な言い分=違いがあるんですよ~こちらも!!

各々、色々な言い分=違いがあるんですよ~こちらも!!

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

前回からの続きです。

もう「オトコ」と「オンナ」については尽きませんねww

脳の違い(1)・そして恋愛のカタチの違い(2)から

今回は「怒り」や「視線」など細かいところを見ていきましょ。

 

3・怒るチャンネルが違う!!

 

付き合いながらも、頻繁にケンカするカップルっていますよね?

理由を聞いても、他人からは「なんじゃそりゃーー!!」っという時もあります。

 

それは根本的に合ってないとかの問題あるとは思いますが…

そもそも男女ではケンカのもととなる

「怒る」というチャンネルのON/OFFが違うといわれています。

なにーー?このーー?同じ怒りでも何かが違う。。。

なにーー?このーー?同じ怒りでも何かが違う。。。

男性は【人が近くになる程】にそのチャンネルがONとなります。

 

・自分のフィールドに人が踏み込んだら怒る

これは自分のペースや趣味習慣など他人がそこに踏み込んだ瞬間、そのペースなどが乱されると怒る。

 

・闘争心があり競争が怒りに変わりやすい

きっとこれも遺伝子的な話にも繋がるが、闘争心があるからこそたかが遊びやゲームに負けると怒ったりするんです。

 

・そして怒ったらより攻撃的になるか逃げ出す

男性は怒ったチャンネルをOFFにする為にする行動は、より一層攻撃的に何かに当たったり、その場やその状況から逃げ出したりします。

 

一方、女性は【人が遠くなる程】怒りのチャンネルがONとなります。

さ~女性は怒ると、怒涛のようにスピーカーに変貌します!

さ~女性は怒ると、怒涛のようにスピーカーに変貌します!

・共感されないことが嫌!

今ではSNSなどの中である「いいね!」=共感するという仕組み。それに敏感なのが女性。

共感されなかったり疎外されたと思うと怒る。

 

・仲間外れも嫌!

前回話したように昔よりある種の仲間や近所とのやり取りこそが社会であった女性にとって、その社会からのけもの扱いや孤立すると寂しさから怒ったりもします。

 

・怒ったら仲間や日常生活へ発散します

仲間外れ等からの怒りは、とにかくまた仲間や友達とかに話して発散しますし、日常生活の掃除や食べ物で、その怒りを収めます。

 

4・視覚や嗅覚

 

これにおいては抜群に女性の方が長けています。

 

これも昔からの流れが大きいですが、ありますよね~~

「あっなんか匂う。」という女性の言葉

 

食べ物の匂いもそうですが、赤ちゃんの排泄なんてビンゴです。

まさに匂いで健康状態を把握していたに違いありません。何を食べたとかww

 

視覚も勿論!!!

子育て中においては子どもの顔色や肌の変化においても

女性の方が気づけるのは、男性よりも優れているからです。

 

一説によれば…

女性には男性が見えていない色彩が細かく見えているらしいです。

ほら。ただの黄色や青に見えても、女性はそこからも色々と違いがあります。

ほら。ただの黄色や青に見えても、女性はそこからも色々と違いがあります。

 5・好意のある視線

 

「あっ目があっている」っていうのは好意の最初の合図とも言われています。

確かにドキドキして、それから意識することもあるでしょ。

 

しかしこれも違いがあるのです。

 

よく聞いて下さいねww

 

・男性は、好きな女性の話を聞く時にその相手の目を見る。

 

・女性は、好きな男性に話をしている時にその相手の目を見る。

 

この違い、分かります??

ただ話していたりするだけの視線をよく見て下さい。

ただ話していたりするだけの視線をよく見て下さい。

女性は自分が話をしている時に聞いてくれている男性の目を見て、

男性は女性の話を聞いている時にその女性の目を見ていることとなります。

 

そのケースから見れば…

その異性が自分に好意を持っているか?持っていないか?

分かっちゃうかもしれませんねww

 

6・その他諸々

 

・数字に関しては男性が強く、世に言う「天才」と言われる偉人には男性が多い。

 

・女性は子どもの頃は「お姫さま系」→学生時代「学園ドラマ」→青春時代「恋愛ドラマ」という風に成長に合わせてドラマや漫画等もその段階を得ていきますが、男性は子どもの頃に好きだった漫画やアニメなどは大人になっても夢中のままである。(ヒーローや車や電車好きなど)

 

挙げるとキリが無いぐらいに違い満載の

オトコとオンナ

 

「男女共同参画」と言われている社会

それでもやはり違いは存在致します。

 

しかしながらも、違いを埋まる為の

繋がりや信頼や協力、そして愛が存在します。

 

違いを求め、それでも共存しながら私たちはやっていけるんです。

こうやって入り混じりながらもうまくやれるんです、私たちは!!

こうやって入り混じりながらもうまくやれるんです、私たちは!!

違いがあるからぶつかったり歩み寄ったりする!!

 

違いがあるから引かれ合う!!

 

そんなオトコとオンナ

 

面白いっすね!!

 

やのっちパパ

⇒#73 「ごにゃごにゃ何語?私の思いを分かってよ!!」につづく。

 

※情報は2015.7.28時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)、2014年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

関連タグ

この記事もおすすめ