ビギナーでも120%楽しめる☆この夏アウトドアは親子でLet`sキャンプ♪

夏本番!親子で楽しめるアウトドアといえば、大自然を満喫のキャンプ。いざ子連れで行くとなると、まず何からはじめたらよいのでしょう?

ビギナーさんが間違いなく楽しめる場所選びポイント、おすすめキャンプ場をご紹介!お金をかけずオシャレに楽しめるプチプラグッズ情報も♪

 

【親子キャンプを楽しむ】場所選びのポイントBest5!

キャンプに行こう!と決めたら、まずは場所選び。どんなところに視点を置いて選ぶとよいのでしょう?家族構成やお子さんの年齢など考慮しながら、ホームページやブログなどを参考にリサーチ!

1.ロケーションと距離を決めよう
山や高原?川岸?それとも海岸?アクティビティによってお好みで。ほとんどが車移動。移動疲れしてしまっては、到着後楽しめなくなるので注意!

2.どんなキャンプ場なの?特徴をリサーチ
場内の高低差は?テントサイトと炊事場やトイレとの距離感は? お子さんに安全で無理のない広さなのか、場内案内図もチェック!最初から全部購入しなくてもOk♪レンタル品や売店が充実していれば、うまく活用。持参物も減らせます。

3.施設の清潔さや充実度は?
ビギナーで、ましてや子連れ。「お風呂やシャワーがある」「トイレは水洗」「テントを張る場所の寝心地」など充実した場所を選びましょう。
温泉がある、バリアフリー、ペット可。というところもあります。電源アリのサイトがあることも。できることの幅が広がります!

4.場内に遊戯施設はある?子供向けのイベントは?
遊ぶ場所がないとお子さんは持て余してしまいがち。アスレチックやプールなどがあるとさらに楽しめます♪とくに夏休みは、子供向けイベントがあることも!

 

【おすすめキャンプ場3選】福岡発!九州エリアで親子アウトドアしよう♪

つぎに、キャンプ場検索サイトで口コミやリピーターさんの多いキャンプ場を、筆者自身の体験談もふまえてご紹介します♪

1.福岡市内から1時間圏内のキャンプ場!
 <大野城憩いの森キャンプ場> (福岡県大野城市)
福岡市内からほど近いのに、閑静な森に囲まれた場内。まるで遠くの避暑地に訪れたような雰囲気があります♪ デッキ上にテントを張れる区画もあり、直に土の上に建てなくてよいので湿気を気にすることなく片付けもしやすいです。浴場もあり、広い遊技場やアスレチックも併設してあるので、子連れにGood! 

2.レンタル品やショップが充実のキャンプ場!
 <歌瀬キャンプ場> (熊本県上益城郡)
広大な敷地は眺め最高! 丁寧に管理された芝生が美しく寝心地バツグンです! オートサイト区画は広く、快適に過ごすことができます。夏季限定プールや、オーナー企画イベントあり♪
「コールマン」「スノーピーク」など、キャンパー御用達メーカーの道具がレンタルできます!テント購入前に、実際の使い心地を体験してみて購入するという手もありますね。 売店の品ぞろえも充実していて、忘れ物をしてしまった時も安心♡

3.施設内の設備や遊技場が充実のキャンプ場! 
山鳥の森オートキャンプ場> (熊本県阿蘇郡南小国町)
アットホームなキャンプ場。敷地も広すぎず目が届きやすい。浅瀬の川や釣り掘り、プールがあり、ヤマメ釣りなどができます。(道具はレンタル)
野菜収穫体験で、採れたて野菜も。新鮮な魚や野菜を夕食にするのもGood!天然温泉が24時間入り放題なのも嬉しい♪露天風呂で星空を眺めながらの入浴は最高!

 

【プチプラグッズ】で家族キャンプをさらに盛り上げよう! 

他のテントに差を付けちゃおう♡
プチプラグッズ活用で気軽にオシャレ。お子さんと楽しくテントを飾りませんか?太陽電池式ランプをテント周辺に並べてみたり。
(こちらの商品をチェック。SOLVINDENLED太陽電池式フロアランプ

IKEA

IKEA

チェーンタイプはテントやタープに渡してみたり。
(こちらの商品をチェック。IKEA 環境にやさしいLED照明SOLARVETLEDライトチェーン

IKEA

キャンドルをランタンや器に。夜、テーブルやサイト内に飾っても幻想的な雰囲気に。 
(こちらの商品をチェック。IKEA キャンドルホルダー&キャンドルROTERAティーライト用ランタン

IKEA

IKEA

100円ショップのガーランドをいくつか繋げて飾っても可愛い♡  
キャンプに行くまでの準備期間に、親子でオリジナルフラッグを制作して、テントに立てたりするのも楽しいですね! 
(こちらの商品をチェック。ナチュラルキッチン フラッグモビール

ぜひ、個性あふれる「家族オリジナルのキャンプ」を演出してみてくださいね♪

 

【キャンプ】は経験を積めば親子の絆も深まります!

親子キャンプの場所選びや楽しみ方をご紹介してきましたがいかがでしたか?

「正解」や「マニュアル」はありません!自然が相手のアウトドアには「失敗」がつきもの。それもキャンプの醍醐味です。まずは親子でさっそくトライ!回数をこなしていくことで、これがあると便利だと気付くものがあったり、家族構成やお子さんの特徴に合ったスタイルがだんだんと確立してきます♪ そして、親子の絆が一層深まります!

今回はご家族オリジナルの「キャンプスタイル」を作っていくヒントになれば嬉しいです♪

mon

 

※情報は2015.7.28時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ