【DIY】100均の材料で靴箱裏収納を作る

物が増えると収納が足りなくなるのは当然のこと。
 
そうすると真っ先に考えるのが棚や収納ボックス買うことです。
 
でもそうすると増えたものは片付きますが、部屋を狭くしてしまいます。
 
家の中にはまだまだ空きスペースはあるので、そのスペースを見直し、新たな収納場所を確保します。
 
その一つが開き戸の扉裏。ここはあまり使われていないデッドスペースです。
 
今回はここに新たに収納スペースを作りました。
 
 
 
【材料】
 
ワイヤネット
ネット用フック
シンク内扉用5連フック
ネット用のかご
 
シンク内扉用5連フック

シンク内扉用5連フック

 

 
今回もすべて100円ショップで材料を揃えました。
 
扉裏の上部に5連フックを掛け、その下にワイヤネットを掛けます。あとはフックやかごを、よい位置に掛けます。

 
 
そもそも「靴が入らない」という悩みから、この部分のDIY(日曜大工)がスタートしたのですが、靴箱の中をよく見るとスプレーや掃除道具など、靴以外のものも靴箱に入れていたので収まりが悪く、片付いたように見えなかったのです。
 
きれいな収納とは、同じカテゴリーのものが均一に並んでいること。
 
靴箱には靴だけを入れることで見た目が揃い、使い勝手もグンとよくなりました。
 
扉裏収納のポイントは中の物(この場合は靴)と干渉しないよう、工夫して設置すること。ぶつかって扉が閉まらなくなってしまいますので。
 
来客用のスリッパや子供用の靴などがオススメです。
 

※情報は2015.8.7時点のものです

中園直美(おテツママ)

DIYをこよなく愛する主婦です。フェイクグリーンも大好き。西日本新聞朝刊 毎週水曜の生活面「おうちスパイス」のコーナーで定期的にDIY記事掲載中!

関連タグ

この記事もおすすめ