「夏終わり、花火と僕らと決意の1日。」その1~やのっちパパ#75

『夏を彩る花火たちも、終焉へと近づきつつあります。』

なんだか夕方に夏の終わりの香りを感じるようになりました。

なんだか夕方に夏の終わりの香りを感じるようになりました。

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

冷夏になるであろう~という予想に反して

連日暑い日々が日本各地続いています。

 

もうほんと暑く、外に出ることも遠慮したいところで…

行くならプールや海、そして日が沈んだ夕暮れ時からぐらい。

 

個人的には夏の夕暮れのひぐらしが鳴き、

あのなんともいえない雰囲気が好きです。

夕食後、その夕暮れに散歩するのが定番となっていますw

夕食後、その夕暮れに散歩するのが定番となっていますw

海やプールときて、夏で欠かせないのが花火ですね。

連日どこかの地域で花火大会があっています。

 

福岡県内で言えば…

8月1日の大濠公園花火大会

8月5日の久留米筑後川花火大会

8月8日の小郡夢HANABI大会

と続々と大きな花火大会が終わっていっています。

 

なんとなくそう思うと…

夏の終わりが近づいている感じがしますね。

(暑さは相変わらずですがw)

 

家族で行く人も行った人もいれば、

恋人や友だち同士で行った人もいるでしょ~

 

ゆかたやじんべい、おしゃれをしていった学生時代の

淡く酸っぱい青春のあの思い出

浴衣を着るとなんだか艶やかで素敵でした。

浴衣を着るとなんだか艶やかで素敵でした。

あの観覧客の多さの中で、子どもを迷子にさせてしまったという

苦いながらも忘れられない思い出

 

家族や親戚、おじいちゃんおばあちゃんたちと昼間から場所取りしたり

屋台で色々食べた楽しい思い出などなど…

 

花火大会には、その人の

大切な思い出の数々があると思います。

ほんと小さい時も家族になっても、ステキな思い出の花火大会

ほんと小さい時も家族になっても、ステキな思い出の花火大会

ほんと家族にとっても大切な思い出がつくれるのが

花火大会だと思います。

 

この夏、まだ行ってないっていう方はぜひ行ってみて下さい。

 

<本日19日以降の県内の花火大会の日程> 

・22日土曜…第10回みやこ町夏祭り(京都郡みやこ町)

・22日土曜…甘木川流れ潅頂花火大会(朝倉市)

・22日土曜…第43回祭りなかがわ(那珂川町)

・22日土曜…第31回遠賀町花火大会(遠賀町)

・23日日曜…第26回田主丸花火大会(久留米市田主丸町)

・9月5日土曜…第25回FUKUOKA東区花火大会(福岡市東区)

などなど。

 

まだまだ花火大会は続きます。よかったですね!! 

ぜひみなさん、楽しんで下さい!!

 

そんな花火大会 

私たち家族にとっても大切な思い出があります。

去年は初めて家族で行きました!うん、楽しかった!!

去年は初めて家族で行きました!うん、楽しかった!!

それは家族になる最初

この1歩が無ければ、すべてが無かっただろう…

大切な1日がこの花火大会にはあります。

 

そう…決意の日!!

 

プロポーズをした日でもあるんです!!

そうまさにこの日、思い出の花火大会の日に…。

そうまさにこの日、思い出の花火大会の日に…。

というところで肝心な話は次回へと持ち越しww

乞うご期待!!

やのっちパパ

⇒#76「夏終わり、花火と僕らと決意の1日。」その2につづく

 

※情報は2015.8.18時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)、2014年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ