カンボジアの子どもたちへ命を繋ぐ「水」を届けたい。ボランティア団体「ひまわり会」

知っていますか?

7歳までの生存率が一番低い国のひとつが カンボジアであることを。

その原因の多くは「子供たちが泥水を飲んでいるから。」

泥水を飲んだ子供たちは、下痢に襲われ、脱水症状を起こし、小さな体で苦しみながら命を失ってゆくのです。

見えにくいかもしれませんが、とても人間が飲む水ではありません。

見えにくいかもしれませんが、とても人間が飲む水ではありません。

~その現状を変えたい!~

と立ち上がったのが福岡で活動する「ひまわり会」というボランティア団体です。

 

ひまわり会は最初は熱い男たち数人で、

「青少年の健全育成活動を通じ、社会の役に立つ」

という理念のもと2009年に発足しました。

団体の会長である的野氏や副会長、小林氏をはじめとする幹事メンバーの熱い思いに心を動かされた人々が集まり、今や180人を超える会員登録数となりました。

HP⇒http://himawarikai.com/ にも掲載されていますが、特に街頭募金に力を入れています。 

平成21年10月 初めての募金活動
平成22年4月・7月・10月 募金活動 カンボジアに「ひまわりの泉」を贈ることを決める
平成22年12月 「修ちゃんを救う会」(コカ・コーラウエスト株式会社支援)に¥90,736-寄付
平成23年3月 東日本大震災復興のための募金活動開始
平成23年4月 高島市長に面会 3月に集めた上記募金額¥326,583-を直接市長に手渡す
平成23年5月 (財)カンボジア地雷撤去キャンペーンさんを通し、ひまわりの泉設置費用¥800,000を寄付
平成23年1月~12月 東日本大震災復興のための募金活動を実施
平成24年1月~12月 被災地宮城県にある児童養護施設4か所へ¥575,200を寄付
平成25年1月~12月 福岡市の児童養護施設とカンボジアの子供たちへ募金活動¥376,490円を寄付

平成26年1月~12月 カンボジアのポップイ安倍小学校にひまわりの泉2号基設置の為に募金活動¥281,269円

 >>募金先:丘の家子どもホームさま/仙台天使園さま/ラ・サールホームさま/旭が丘学園さま

そして現在、2ヶ月に一度、カンボジアへ貯水タンクを設置の為に募金活動を行っています。

頂いた募金は中間搾取一切なしで、全額寄付しています。

頂いた募金は中間搾取一切なしで、全額寄付しています。

1 / 3

この記事もおすすめ