「夏終わり、花火と僕らと決意の1日。」その2~やのっちパパ#76

『花火がもたらす奇跡がその時…』

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

まだまだ暑い日も続いていますが
いよいよ夏休みも残り今日も入れて…7日間

早いですね~。

 

みなさん、夏楽しみましたか??

先週末の各地での花火大会、見に行きましたか??

 

やはり花火っていいですよね~!

綺麗だし、爽快だし、なんだかステキなイベントですよね。

 

そんな花火の魅力にもう1つ、私は付け加えたのです。

 

そう…今の奥さん、当時の彼女への結婚へのプロポーズを

その花火大会に日に持ってきたのです!!

 

まさに私たちの決意の日!!

まさに人生においての決意の一瞬!!

まさに人生においての決意の一瞬!!

ちょうど今から4年前

 

付き合って4年も経ち、色々と考えることもあり…

私の中では「もうこの人しかいない!!」という想いもあり…

どこかで結婚のプロポーズのタイミングを図っていた夏

 

人は云う。

「プロポーズはタイミングと勇気と!!」

勇気はあった。しかしタイミングがどうしても…

 

そんな時期にちょうどやってきたのが…

幼い頃から家族で行き、学生時代には色々と思い出のある地元の花火大会であった。

 

そう…その花火大会の時にプロポーズしようと決心!!

 

彼女(今の奥さん)を花火大会誘い…

2人でいつものように楽しくデート

 

しかし、私の中ではドキドキ!!

もうハンパない。ぱないぱない…ドキドキ感。

もうハンパない。ぱないぱない…ドキドキ感。

花火を見ながら、色々と話をしながらも

花火の音や緊張であまり覚えてないです。

 

考えていたのは…どこのタイミングで切り出すか?

あまり早いと雰囲気が…とか

あまり遅いと花火が終わる…とか

もう色々と考えていると、まさに花火大会も終盤へ。

 

もう幼い頃から行っている花火大会

もうそろそろ終わりで、いよいよ最後の目玉の花火が上がる時

「この最後の花火が上がる時に言おう!」と決心!!

 

しかししかし…

そうは簡単ではなかったのですww

 

最後の大きな花火が上がる前から…

いきなり突風が吹き、花火が斜め横にあがる始末。

そして突風に続き、いきなりの雨、大雨、ゲリラ豪雨…。

もうすごい勢いで降って来ました。

もうすごい勢いで降って来ました。

もうそれはそれはすごいぐらいの勢いで降るわ降るわの雨

それにより、今まで楽しかった雰囲気の花火大会会場も

悲鳴と雨から逃げ惑う人たちへと変貌。

 

最後の花火なんて…もう雨で上がったかも分からない状態。

もうまさに人がこんな感じにずぶ濡れまくりでしたww

もうまさに人がこんな感じにずぶ濡れまくりでしたww

そしてそこで決めようと思っていた私こそ…

何が起こったのか分からない状態で唖然ww

もう笑うしかなかったです。

 

そこからはもうなんだかガッカリ感とありえない状況の笑える感

そして怒涛のように降る雨が膝下まで迫り、もう濡れまくりでその場より去るしかありませんでしたww

 

しかし決心はそんな雨ぐらいでは揺らぎませんでした。

 

もう雨に打たれつつも、ずぶ濡れになりつつも…

そこで笑い合える2人には止めるものはなく…

 

もう私の実家につく寸前…

ほんと大雨でずぶ濡れの中で…

歩みを止め、そこでプロポーズをしました。

まさに映画の名作「エド・ウッド」のようでしたww

まさに映画の名作「エド・ウッド」のようでしたww

まっプロポーズの言葉は2人だけのモノとしたいので

内緒ですが、まっ普通ですww

 

だってシチュエーションとかが普通ではないのでww

あの大雨・ずぶ濡れはありえないと思います。

 

まさに運命をかけた花火大会

 

そして決意を決めた1日

 

そして雨にも負けなかった想い

 

ほんとこの花火大会とこの1日は…

私も奥さんも忘れることができません。

まさに歓喜の花火・最高の花火となりました!!

まさに歓喜の花火・最高の花火となりました!!

そしてあれから4年…

新しい家族も増え、また新しい思い出が沢山できる

花火大会が楽しみでしかたありません!!

やのっちパパ

⇒#77「そして現在のプロポーズの色々…」につづく。

 

※情報は2015.8.25時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)、2014年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ