karte.26 夫婦の危機(?)を救った長男(当時5歳)の“神の言葉”とはー

前回のコラムで、

おのろけ仲良し夫婦ネタを書かせていただいた流れで…

今回は逆に、そんな夫婦の痴話げんかネタです。

 

もうだいぶ前の話ですが。

長男が5歳くらい…だったかな。

 

家族で食事を済ませ

ほろ酔いで帰宅した、とある日。

ほんのささいなことで…本当ーーにささいなことで。

夫にブチキレました。

普段はきわめて温厚な(自分で言うな?)私にしては珍しく、

ものすごい大声で怒鳴り散らした記憶があります…

 

そして生まれて初めて…

怒りのあまり手に持っていた携帯を投げつけました(+o+)

(一応、人に当たらない方向に)

そのときの気分はこんな感じ…

そのときの気分はこんな感じ…

当時、夫が開業して私の仕事量(外来もクリニックの雑用も)が一気に増え

娘も生まれたばかりで、家事と育児の絶対量も増えたのに

夫も忙しくて前にも増して家にいる時間が極端に減り

やりたいことには全く手がつけられず

静かに考え事をする、たった5分の時間も持てず

子供の食事も家の掃除も手抜きになり

幼稚園の支度は毎日何かしら忘れ物がある始末。

犬に至っては、ごはんとトイレの世話以外ろくに構ってやれず。

 

(3人目が生まれた今となっては、

その頃の生活なんてまだまだマシだったと思えますけどね(^_^;))

夏休みは家族でボーリングも楽しみました!

夏休みは家族でボーリングも楽しみました!

それでも『ま、いっか。』『今はしかたないよね。』と

なんとか自分を納得させていたつもりでも

無意識に蓄積していたうっぷんが限界に達していて

夫の心ない一言をきっかけに、感情が一気に噴出した…んだと思います。

 

心ない一言…気になるでしょう?(笑)
聞いてビックリですよ。

 

しょーもなさ過ぎて(^_^;)

 

1 / 3

この記事もおすすめ