【DIY】ブラックボード(黒板)をリメーク!

最近流行りのカフェ風インテリアに欠かせないアイテムの一つが「黒板」。

既成品をそのまま使ってもおしゃれなのですが、枠部分だけでも自分流にリメークすることでお部屋全体の色が統一され、グッとおしゃれになります。

今回は生活感の出やすい「カレンダー」と、子供用の「お絵かき黒板」をリメークしました。

カレンダー【before】

カレンダー【before】

お絵かき用【befor】

お絵かき用【befor】

 

【用意するもの】

■カレンダー

ブラックボード(62cm×47cm)←ホームセンターで購入

木材用塗料(今回は「ワトコオイル」というブランドのダークウォルナット色を使用)

 

■お絵かき黒板

ミニ黒板(18cm×26cm)←seriaで購入

木材用塗料(今回はサンデーペイント社の水性サンウレタンという種類のマホガニ色を使用)

軍手、はけ2本、紙やすり

 

【リメーク方法】

①枠に塗装がされている場合は黒板部分を養生(保護)し、やすりをかけて塗装をはがします。

養生とやすりの様子

養生とやすりの様子

②カレンダーの方はワトコオイルを、お絵かき用の方はサンウレタンニスを塗ります。

③養生をはずして塗装が乾いたら完成!

 

カレンダー【after】

カレンダー【after】

お絵かき用【after】

お絵かき用【after】

 

木材用塗料を使い分けた理由は、カレンダーはペンで書く黒板、お絵かき用はチョークで書く黒板だったからです。

チョークが枠についたとき汚れにくいようにしました。

 

生活感が出やすいけれど目立つところに置きたいカレンダーですが、これをカフェ風にすることでおしゃれに変身!

 

お絵かき黒板は子供の絵がまるで絵画のようになりインテリアに馴染んで、絵が変わるたびに家族を和ませてくれています。

※情報は2015.9.3時点のものです

中園直美(おテツママ)

DIYをこよなく愛する主婦です。フェイクグリーンも大好き。西日本新聞朝刊 毎週水曜の生活面「おうちスパイス」のコーナーで定期的にDIY記事掲載中!

関連タグ

DIY

この記事もおすすめ