ブースターミストの新習慣で秋肌を美しく!

朝夕は少しずつ、涼しくなってきて秋を感じる今日この頃です。

暑からず寒からず、朝晩の冷え込みさえ注意すれば、 秋はとても過ごしやすい季節ですね。 
ただ、暑い夏から寒い冬へと向かう季節の変わり目である秋は、 肌にとっては要注意の時期でもあります。 
秋の肌は抵抗力が落ちていて、 不安定でデリケートな状態になっています…。

生活環境の変化も重なり、 秋に肌トラブルで悩まされる人は増えています。また、肌の変調などを自覚されなくても、 そのままの状態でさらに過酷な肌環境が待っている冬に突入してしまうと、 そこで一挙に肌のトラブルや老化現象が表れるということも多々…。

【 夏の終わりに増える肌トラブル 】

・肌がゴワゴワしたり、カサカサしたりする。
・キメが粗くなった。
・お化粧の乗りが悪くなった。
・ニキビや吹き出物が出てきた。
・くすみや小じわが増えた。
・かゆみを感じる。

など、夏の前にはなかった肌トラブルが出てきたら、それは夏に受けたダメージのせいかもしれません。

夏の肌は、

・強い紫外線による日焼けや乾燥
・エアコンによる冷えや乾燥
・暑さによる過剰な皮脂や汗の分泌

などが原因で、保湿機能やバリア機能が衰えた状態となり、いろいろな肌トラブルを起こしやすくなります。
正常な肌のターンオーバーは28日と言われています。このため、夏に受けたダメージは、秋になって表に現れてくるのです。

【 気候の変化で起こる肌トラブル 】

さらに、気候の変化で体調が不安定となり、肌は外部からの刺激に対してとても敏感になっています。

また、夏に比べて皮脂や汗の分泌量が減り、空気も乾燥し始めます。このために肌は乾燥しやすい状態となって、バリア機能が低下します。紫外線量もまだまだ強い日が続きますので、油断ができません。

夏のダメージを受けた肌にこのような秋の環境が重なると、肌にいろいろなトラブルが表れることになります。
このような状態で秋を過ごすと、冬の厳しい乾燥シーズンには、さらにひどいトラブルが出てくることにもなりかねません。

そこで、早いタイミングで夏のダメージをしっかりとケアし、健康な肌作りをしておくことが大切になってきます。

1 / 2

この記事もおすすめ