10/4にやのっちパパが性を語る??その2「なぜこうなった?」~やのっちパパ#79

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。

2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。

そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

前回からの続き

なんとやのっちパパが性を語るセミナーまで1ヶ月切りました。

 

結構、内心ビビっていますww

 

でも、ふじみんさんと色々話していると…

なんだか楽しそうなセミナーになりそうです^^

 

「ふじみんとやのっちパパの本音トーク~知りたい!隣の夫婦のリアル~」

10月4日日曜 14:00~16:00

朝倉市ピーポート甘木 第4・5学習室

さて…そんなセミナーですが、

一体どういう感じになるのか??

 

そもそも私たちにとって「性」って

どんな感じで、どう思っているのか?

その辺を、各地でセミナーをして

沢山の人と意見や想いを聞いています

ふじみんさんに聞いて見ました^^

 

やのっちぱぱ

「性についてって…改めて考えると深いというか、踏み込み辛い分野ですよね?」

 

ふじみんさん

「そうですか、どの辺りが?(笑)…という意地悪はおいといて男性は特にそうみたいですね。ちなみに性教育って、女性はほぼ100%受けているんですよね。【月経教育】というものを。」

 

やのっちぱぱ

「思えば…確かに小中学校の時の保健の授業の時、女子がまじめに聞いているのが印象的でした。」

確かにこんな感じな授業を受けましたが…しかし…

確かにこんな感じな授業を受けましたが…しかし…

ふじみんさん

「で、この第二次性徴である【月経】って、男性にあたるもので言うと【射精】になるんですよ。でもね、これについて『ちゃんと授業で学びました!』っていう男性はほとんどいないんですよ。」

 

やのっちぱぱ

「あっ…おっしゃる通り><なんかすみません。。。」

 

ふじみんさん

「なんでか分かりますか?【快感】を伴うからなんです。

学校って【忍耐】とか【努力】とかは教えるの得意なんですけど、【快いこと】とかはあんまり、教えない。

だから女性の場合だと、月経や、そこから繋がる、

出産って【忍耐】とか【努力】に近いから、女性は月経をきちんと教育として学んでる訳ですが、男性の場合はその辺りが、完全になかったことにされてしまっている。

ここから私は【男性の悲劇】が始まっていると思うんですよね。

性は学ぶものではない、隠れてコソコソ、罪悪感を抱えて、なんとかしのぐものだと思うしかなくなる。

だから、性を真面目に話しましょ、なんて言っても『何を今更!』という感じなのかなーと思っています。」

 

やのっちぱぱ

「なるほど。確かに…男性にとっての性って、妙なところからコソコソとクローズな世界なところで学び、覚え、どうにかしていくものに近い感じがします。

だからこそ…いざそれをオープンにしようとしても、学生の頃から閉ざされた扉は重いんですね。

飲み会や男同士だったら、そんなこと気にせず性というかエッチな話はするのですが…

まっリアルというか、まさに快楽というか、遊びみたいな話になります!」

結構この扉が重いのです。本当の性について語ろうと思うとオトコは…

結構この扉が重いのです。本当の性について語ろうと思うとオトコは…

やのっちぱぱ

「となると尚更、オトコの人の性に対する心の中でクローズしているリアルな悩みや想いなどを聞いてみたいですよね~。一応、facebook等で尋ねているんですけどね~なかなか><」

 

ふじみんさん

「そうですね~。なかったことにされたものに対して、今更、悩みとか、想い、とか言われても、うーん…ってなっちゃうでしょうね。」

 

やのっちぱぱ

「はい。それは私自身もそうです。いざ、何かある?と言われても、意識しても出てこない。一体、性ってどうよ??と自問自答しないと!!本音が何か?本当にそれが聞きたいのか?とか…よく分からなくなります。そんなもんなんですかね??」

改めて考えると難しい。いや考えたことがなかったからかも…

改めて考えると難しい。いや考えたことがなかったからかも…

ふじみんさん

「私はよくご夫婦向けの講座をしたりするんですが、そこで夫チームと、妻チームと分かれて、別室で、お互いに本当に聴きたい性の質問を出し合って、最後に代表者が、その匿名の質問を読み上げて、答え合うっていうのをやったことがありまして…

男性チームの質問で面白かったのは、

『妻と無理やりセックスをしようとは思わないけど、少しでもしたいと思うときがあれば、そのときを逃したくない!(笑)。どんなときに妻はしたいと思うのか』という、相当ガチなお悩みでしたね。

それに対する答えや、妻側から出た質問もねー、男性は絶対聴いておいた方がいいと思うんですが、それは講座でお話しましょうね。うふ(笑)。」

オトコとオンナ…夫婦間…その距離感は近いようで、タイミングとかもある。

オトコとオンナ…夫婦間…その距離感は近いようで、タイミングとかもある。

 やのっちぱぱ

「うおーー。超リアルでガチな悩みですね。なるほど…そういう悩みなら、私にも他の男性にもあるかも。なんか男性の方が恥ずかしがり屋ですね~。夫婦間のパートナーシップや夜の営みなど、確かに悩みや質問が多いかもです。」

まさにパートナーシップ。愛とバラが似合いますww

まさにパートナーシップ。愛とバラが似合いますww

ふじみんさん

「で、やのっちぱぱの悩みは何??」

 

やのっちぱぱ

「んんん…」

 

と、終始ふじみんさんに押されつつも

徐々に重い扉を開けつつある私ww

 

こんな感じがもっと大胆に、そして学びになるセミナーは…

 

「ふじみんとやのっちパパの本音トーク~知りたい!隣の夫婦のリアル~」

10月4日日曜 14:00~16:00  朝倉市ピーポート甘木 第4・5学習室

おおーーハートが目立つwwやるね~朝倉市さん^^

おおーーハートが目立つwwやるね~朝倉市さん^^

参加費は無料!ご興味がある方はどなたでも!

特にご夫婦での参加をおススメします。

 

申込等は、朝倉市ホームページをご覧ください。

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1440661927546/index.html

 

皆さんの参加をお待ちしています。

 

でも、市外から参加する方は…

「これだけの為に朝倉~~??」って思う人もいるでしょ??

いやいやこのセミナーだけでも充分ですが…ww

 

少しこのセミナーの前の午前中や終わってからの朝倉の楽しみ方を少し紹介したいと思います。

 

今回はこちら

「天然温泉 卑弥呼ロマンの湯」さん

HP…http://www.morinoyu.net/himiko/

会場から歩いて1分のこの温泉。毎日沢山の市民が利用しています!

会場から歩いて1分のこの温泉。毎日沢山の市民が利用しています!

なんと会場のピーポート甘木に隣接している温泉施設

 

トロトロした肌触りの良さが自慢のアルカリ性のお湯で、子どもから高齢者まで人気の温泉施設です。

 

施設内には広い休憩室やお食事処もあります。

入館料(入浴料も含む)は…なんと大人420円・子ども200円

安い!!素晴らしい!!

 

ぜひご家族で、ご夫婦で…セミナー前後の行ったみてはいかがでしょうか??

 

#80 「10/4にやのっちパパが性を語る??その3~いざ性を語ろう!~」につづく…

やのっちパパ

 

※情報は2015.9.15時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)、2014年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ