日本各地の神社仏閣を巡りに巡る 静かに手を合わせ思うこと

ご無沙汰してます。

ノラ猫コラムニストこと久保巴です。

 

ヒッチハイクでの放浪生活も、4ヶ月が経過しました。

人間ってのは、なっかなか困らないし、簡単には死なないもんだなとつくづく思う最近です。

 

私は本当に恵まれている。

だけどそれは、「私だから」ではない事を、この生活は教えてくれる。

 

だって出逢う方々のおかげだから。

私がこうして楽しく日々送れるのは、私に誰も危害を加えないからだ。

私は何もしていない。

出逢う人が驚くほど、私は「身を守る何か」を持ち合わせることなく進んでいる。

ただ、気の赴くままに。

 

そういられるのは、そういさせてくれる方々のおかげだとつくづく思う。

「いい人ばかりじゃない」という世の中で

「悪い人ばかりじゃない」という世の中をみている。

そういう視点があるんだろう。


あちこち行きながら、沢山の神社やお寺に寄っている。

「好きなことは口にした方がいい」とはよく言ったものだなぁ、なんて思う。

ヒッチハイク中、拾ってくれた方々と沢山の話をする。

私は神社やお寺の話をよくしている。

日本に根付く、「おもてなしの精神」のおかげで、沢山の方が私を私も知らない神社やお寺へと連れてってくれるのだ。

沢山の参道を歩いている。

どこか先祖詣りをするかのように

静かに

静かに

手を合わせている。

自然と途絶える事なく脈々と受け継がれている風習の数々。

それらの意味は忘れても

風習を通して繋がり続ける何かがあるのかもしれない。

整然とした参道や

何度も修復されながらも残る建物をみていると、

古い古いDNAが呼び起こされるように

自然と大きな【何か】に頭を垂れる自分が、現れるのかもしれない。

その姿を、「素直」と言うのかもしれないなぁ。

そんな事を思いながら

日本各地を訪れる度、出会う神社に感動しているノラ猫とわキャッタピーでした。

一つ一つ取り上げたいけど

既に沢山ありすぎて。

それはまた、機会があれば。

こうしたコラムに改めて綴ると

ブログとはまた違った視点でこの旅を観れる。

出逢った人や

場所や出来事を。

台風の後の八ヶ岳います。

雨上がりの八ヶ岳

雨上がりの八ヶ岳

グッと気温も下がって

もう、半袖で過ごせる時期は過ぎてしまったみたい。

次はどこから記事を届けてるんだろう?

私も知らないこの次を、

どうか一緒に楽しみにしていて下さい。

 

 

※情報は2015.9.14時点のものです

久保 巴

昭和57年9月2日生まれ。元介護士 本質とは何か?潜在意識や美塾を通じて自分自身と向き合い続けている。(ブログを日々更新中!)

この記事もおすすめ