九州のワインの特徴は?九州ワインサミットで検証☆

日本ワインが注目され、各地に新しいワイナリーが登場すると共に、あちこちで日本ワインをテーマにしたイベントが開催されています。

来月10月23日から25日まで、博多でも「九州ワインフェスタ」が開催されますね。

今年参加するのは、巨峰ワイナリー、熊本ワイン、福田農場ワイナリー、安心院葡萄酒工房、久住ワイナリー、五ヶ瀬ワイナリー、都農ワイン、都城ワイナリー、五島ワイナリーの9ワイナリー。

 

このイベントを前に、熊本にて開催された「九州ワインサミット」にて、上記9ワイナリーのうちの4ワイナリーが集まるトークイベントがあり、参加してまいりました。

今回はその4ワイナリーを中心に九州ワインの全体像を見てみたいと思います。

 

九州のワインの特徴

 

日本ワインの主要な産地は多い順に

1位:山梨県

2位:長野県

3位:山形県

4位:北海道

となっています。

 

北海道はケルナーやピノノワールなど寒さに強い葡萄品種でのワイン作りが行われ、

長野や山梨では甲州やメルローが有名です。

では、九州といえば…?

九州ではシャルドネで高品質の個性あるワインがつくられています。

山梨や長野県のワインの歴史が明治時代までさかのぼるのに対して、九州のワイナリーの歴史は若く、多くが平成になってからの設立です。

しかし、新しいが故に勢いがあり、最新の技術に精通しているところが多く、

各種コンクールでも輝かしい賞を受賞するワイナリーも増えてきました。

 

日本のワインというと「甲州」のイメージを持つ方も多いのではないかと思いますが、九州のワイナリーでは日本の固有品種「甲州」をほとんど生産していません。

というのも甲州の一大産地である山梨県甲府市はワイン用の甲州を生産するずっと以前から生食用として甲州を生産していたんです。

「さぁワインを造ろう」と思った時そこに甲州がすでに植わっていた。

山梨では昔、一番出来の良い甲州を生食用に出荷して、残りの傷がついたり未成熟なものをワインにまわし、ほんのり甘いワインをつくってお土産用に販売していました。

ワインとして高品質…とは言えませんが、淡く雑味のある甘い一升瓶甲州を湯飲みでいただく…それは歴史ある日本ワイン産地ならではの味のある文化ですよね。

 

九州は、そういった「甲州をなんとかしないといけない」状況がなかった。

新しく作るので、何を植えて何をつくるか、自由です。

各ワイナリーが地域の風土を研究して、実に様々な葡萄を栽培。

九州の土壌は土の中にカルシウムとマグネシウム量が少なく、赤ワインをつくってもボディが出ないそう。その代わり繊細で華やかな香りは出やすいので、現在はシャルドネで良い結果が出ているそうです。

 

さて、そんな前置きを踏まえ…

去る9月13日

熊本市にて開催された九州ワインサミットに参加してまいりました。

 

ワインジャーナリストの石井もと子さんをコーディネーターに

九州を代表する名ワイナリーの責任者の方がパネラーとして揃われていました。

都農ワインのおしゃれな小畑さん(俳優さんのよう…)

熊本ワインからは、ナチュラルで働く男な幸山さん(カッコいい~)

安心院葡萄酒工房の古屋さんは、しゃきっとしたビジネスマン(計算してますという感じ)

そして畑仕事から急いでやってきましたーの、都城ワイナリー、山内さん(キュート❤)

まずは長野県のシャルドネを含む4種をブラインドテイスティング。

色も淡く酸味のシャープな長野産に比べて九州産のシャルドネはどれも豊かな果実味。

香りと風味にそれぞれ作り手のスタイルがよく出ていて、どれを誰が作られたのかはわかりやすかったです。

 

九州という場所柄、皆さん畑では雨対策、湿気対対策に台風対策を徹底なさっていますし、果汁の温度管理などの創意工夫と、なにより見学して感じるのは衛生管理の素晴らしさです。

夏は暑いですが、実は冬雪が降るような高冷地も多くあり寒暖差を活かした葡萄つくりを行い、また、地元消費が多いせいか、お手ごろな価格のものが多いと思います。

 

九州は、日本酒はもとより、焼酎や泡盛のお膝元。歴史的に大陸の影響を受けた文化が根付き独特の食文化を背景にワインをつくる。

そんなワイン作りには夢や可能性が詰まっています。

セミナー後のパーティでは都農ワイナリーのスパークリングで乾杯!

イチゴの香りのスパークリングは緊張や疲れを癒してくれます。

 

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ