2016年の年越しは「婚活キャンペーン」に決定!

はじめまして!年越が大好きな年越野郎と申します。

 

普段は普通の勤労者でありますが、毎年『年越』を趣旨にいかに年末年始を楽しく過ごすかに心血を注ぐという、自主キャンペーンを行っています。 毎年、野郎魂全開で面白い年越を追求しています。“野郎”と名乗っていますが、女子です♡

 

因みに、今までどんな年越を過ごしてきたかが、こちら↓

 

2004-2008年 『正月アルバイト』

大学時代は毎年神社で元日のみのアルバイトをしていました。年1勤務×4年なので、勤続年数4年の出勤日数4日というなかなかない記録。

 

2009年 『氷川きよしに感化されたお伊勢参り』

生まれてはじめて地元・福岡を離れた年越野郎が、紅白の大トリで同郷の氷川きよしが涙ぐみながら「故郷に錦を飾るから〽」と歌っている様子に感化され、勢いでなぜかお伊勢参りに。

 

2010年 『一晩で東京の定番に全部行くツアー』

浅草寺、靖国神社、明治神宮にお参りし、高尾山から初日の出を拝むという、長崎名物トルコライスの東京版の年越版のような内容。

 

2011年 『静岡と東京でお世話になった人にご挨拶巡り』

前年は静岡と東京に住んでいた年越野郎。年賀状では満足できず、福岡に帰って元気にしていることをリアルに伝えるため旅に出る。

 

2012年 『ニューヨーク』

年越野郎の海外デビュー。ニューヨークのタイムズスクエアで人生はじめてのインターナショナルな年越を過ごす。

2013年 『年越蕎麦を0から作る』(公募型コンペで採択)

当時の内容はこちらをチェック⇒★★★

 

前年飛ばし過ぎたのでネタ切れし、SNS上でなにをするか公募することに。その結果、そばの実を育て、醤油、鰹節、味醂を作り、器とお箸を自作し、完璧な自作の年越そばを大晦日の時報を聞きながら食べるという企画を採択、実行。そばを途中で枯らしてしまうというアクシデントも。

 

2014年 『黒田官兵衛ざんまい』 (kanvee.com/note/archive/2014012014.php

大河ドラマ『軍師官兵衛』にかぶれて、官兵衛の菩提寺で除夜の鐘を打ち、官兵衛をまつる神社で初詣をして、官兵衛の息子が築いた福岡城天守閣で初日の出を拝む。

 

2015年 『フリーメイソンの年越パーティに潜入』http://ameblo.jp/toshikoshi2015/

シンガポールまで行ってきました。また、「楽しい!のおすそわけ」をテーマに、シンガポールからの年賀状などの特典が魅力の年越スポンサーを募り、好評を得る。

 

という具合に毎年自作自演で愉快な年越を過ごしている訳ですが、そろそろ2016年の年越が気になる時期です。

 

今まで色んな年越を過ごしてきた年越野郎は、2015 年9 月で満30歳。何かスペシャルなことがしたい気分です。

 

という訳で、

 

2016 年の年越は、年末までに彼氏をつくって、元旦に入籍します!

 

ってことができたら面白いんですけど、多分難しいので、

 

2016 年の年越は、年末までに彼氏をつくって、出雲大社に初詣に行くことにします!

※年越野郎のカレンダーに“クリスマス”はございません。

 

今から年末まで婚活キャンペーン!ということで、元日入籍を(あくまで)目標に、婚活&女磨きを楽しんていこうと思います☆彡

 

※情報は2015.9.20時点のものです

年越野郎

普段は普通の勤労者であるMの、『年越』をテーマにいかに年越を楽しく面白く過ごすかに心血を注ぐ、セルフキャンペーンおよびその際のキャラクターの名称。過去に年越そばの栽培を手掛けたり、ニューヨーク行ったり等して年越を過ごす。

セルフインタビュー(2012年):https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=218778784914255&id=485940241436070

関連タグ

この記事もおすすめ