三十路女の年越テーマ「婚活」必勝祈願の旅 in タイ

はい、どうもー!年越が大好きな年越野郎です。

先のシルバーウィークはみなさまいかがお過ごしなさいましたでしょうか⁉︎

シルバーウィーク期間、年越野郎は何をしていたかというと、今年の年越テーマ『婚活』の成功を祈願するためにタイへ行っておりました。

 

なぜ婚活の成功祈願でタイなのか?

 

それは、年越野郎が2015年の年越を通してできたシンガポール人のお友達・リリィさんが「タイにとっても強力な神様を祀る祠があって、私の友達はお参りした2ヶ月後に彼氏がでたよ。」と言っていたからです!

 

今が9月下旬だから、11月下旬あたりに彼氏ができるのはちょっと早いかも?むふふ♪

 

そんな贅沢な期待を抱き 、年越野郎は初めてタイを訪れたのでした。

 

余談ですが、年越野郎は過去に何度か「タイ人に似ている」と言われたことがありますが、現地ではちゃんと日本人か中国人か韓国人に見られました。

 

お目当の祠『エラワン祠』は、大都会バンコクのど真ん中の大きな交差点にあります。

 

タイの街中ではちょくちょく祠を見かけます。そのため、エラワンが祀られている祠を目指して大通りを歩く道すがら、何度もエラワン祠と思わしき祠を見 かけますが、実際にエラワン祠を訪れると、他の祠との違いがはっきりわかりました。

 

祠自体の規模や風貌こそ他の祠と変わりありませんが、大量の人がお参りしており、タイ舞踊を奉納している人も!!

 

観光客・年越野郎は大喜び。

エラワン祠は、1956年に祠のすぐ傍にあるホテルの工事が難航したため建てられた祠だそうで、その歴史はごく浅いものになります。

しかし、祠を建てた途端に工事が順調に進むようになったことや、この人だかりをに、その実力を見せつけられます!

なんでも、東南アジア圏を中心に世界中からお礼参りを含めて参拝客がエラワン祠に訪れているのだそうです。こりゃー、新婚旅行はタイにお礼参りに決定ですね!

 

年越野郎はタイ舞踊は踊れないので、スタンダードお参りセット(線香12本、蝋燭1本、生花の数珠4連)を購入し、婚活の成功をがっつりお参りしてきました!

 

★その他の年越に関係のない思い 出はこちらのブログで順次紹介していきます☆彡

http://ameblo.jp/tabimory

 

 

※情報は2015.9.29時点のものです

年越野郎

普段は普通の勤労者であるMの、『年越』をテーマにいかに年越を楽しく面白く過ごすかに心血を注ぐ、セルフキャンペーンおよびその際のキャラクターの名称。過去に年越そばの栽培を手掛けたり、ニューヨーク行ったり等して年越を過ごす。
2016年の年越テーマは『婚活』。年越野郎(30歳/女性)が、”元日入籍”を目標に、9月の誕生日から年末までにありとあらゆる婚活を行う様子をレポートします。
※元日入籍が難しい場合は出雲大社で年越。
★女磨き・婚活ネタを絶賛募集中です。ご連絡先はこちら toshikoshi@mory.info
★セルフインタビュー(2012年):https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=218778784914255&id=485940241436070

関連タグ

この記事もおすすめ