チーズの栄養と特性~ワインとチーズをもっと楽しく!

チーズの栄養

以前書いた「チーズの歴史」の中で、太古からチーズはアルプスの人々の冬の食糧であり、遊牧民族の貴重な栄養源であり、またローマ帝国行軍の兵士の食糧として栄養価を大変評価されていた…と紹介しました。

 

今回はチーズの栄養について学んでみましょう。

チーズの主な栄養素

・カルシウムと蛋白質

チーズといえばカルシウム。一般に小魚や小松菜に多いといわれます。

ですが、小魚のカルシウムは30%しか体内に吸収できませんし、小松菜にいたっては20%。沢山食べても少ししか摂取できません。

対してチーズの蛋白質は乳酸菌の発酵や熟成によって体に吸収されやすくなっており、

この良質の蛋白質がカルシウムをも吸収されやすい形に変えています。

チーズのタンパク質は、身体に必要なアミノ酸をバランス良く含み、タンパク質の王様とも言われています。

アミノ酸は肝臓の機能改善や肝臓疾患治療に効果があるともいわれ、チーズをおつまみにアルコールを飲むと悪酔いしにくいですし、さらに、チーズのタンパク質は過敏な塩分を体外に出す働きもあり、高血圧症を予防してくれる効果も期待できます。

・ビタミン類

チーズにはビタミンCはほとんどないものの、その他のビタミンはバランスよく、

特に疲労回復に効果のあるビタミンB2や、美容にも効果的で風邪予防にもつながるビタミンAがたっぷりと含まれています。

なぜならチーズの原料となるミルクを作っている牛が緑黄色野菜である牧草をたべているから。これらのビタミンもやはり発酵、熟成により体に吸収されやすくなっています。

・少し気になる脂質

現在は原料乳にクリームを混ぜてつくった高脂肪で口当たりなめらかなチーズが人気。

そういったチーズは高カロリーですが、その他多くの伝統的なナチュラルチーズの脂肪は細かい球状になっており、大変燃焼しやすい形をしていますし、脂肪の燃焼を助けるビタミンB2が含まれているので非常に燃焼しやすいといわれます。

脂質は艶やかな髪や肌を作るのに欠かせない物質でもあります。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ