舞台は関ヶ原!全国の婚活男女が “いざ、出陣!”

“元日入籍”を目標に婚活を行っている年越野郎は、先日、齢30にして人生初の婚活パーティーに参戦してきました。

会場の所在は岐阜県不破郡関ケ原町。そうです、天下分け目の大合戦が行われた、みなさまご存じの、あの関ケ原です。

日本史を賑わせた名だたる武将たちも、自らの家運を背負って挑んだ合戦の地で、400うん年後に婚活パーティーが催されることなど1ミリも考えていなかったことでしょう。

 

…前置きはこれくらいにして、関ヶ原『男女の陣』の実態はいかなるものだったのかレポートです!

まずは、武者たちによる太鼓の演舞や、鎧の実行委員長によるご挨拶などから構成される“出陣の儀”で、埼玉や神奈川、三重、大阪など、全国から結集した参加者の士気を高める催しからスタートしました。

 

お次に、“開戦”という名の男女1対1の自己紹介合戦が行われました。鞄に武将のマスコットをたくさんつけている方や、関ケ原への熱い想いを語ってくださった方、「武将になりたい」という夢を実現する活動を行っている方など、普段なかなか出会えない人がわんさかいて、年越野郎大興奮!た、楽しいいい!!面白い人がいっぱいいい!!!

 

その後、関ケ原合戦を見守っていたとされる樹齢800年の大木の折れた枝でストラップを作成する“木霊と語らう儀”という名のワークショップや、“勝どきの儀”という名のお食事会では、男性はもちろん女性ともたくさんお話しする機会がありました。

 

正直に白状します。にわか歴女の年越野郎は、歴史の話題についていけるのか不安でありましたが、知らないことを知るって楽しいっす!

 

多くの方が、ゲームや漫画などの娯楽から歴史に足を踏み入れており、「楽しい!面白い!」という強い思いから、歴史はそんなに詳しくないけど関ケ原まで来ちゃった☆彡という半端ない勢いをお持ちで、男女ともにそのようにエネルギッシュで素晴らしく面白い方々とわいわい楽しい時間を過ごしました。

そんな楽しい時間を過ごした後に、“入札の儀”という生々しい名称のドラフト会がはじまり本来の婚活パーティーの趣旨にぐいっと戻されるわけですが。

 

この日成立したカップルは2組。全国から参加者が集まる婚活イベントということもあり、どちらも遠距離恋愛になる模様でした。どこでどんな人と出逢うかは、わからないものですね。。

 

年越野郎はというと、はじめての婚活パーティー参加ということもあり、わいわい楽しむことにどっぷり浸りすぎて、結局意中の人を決め損ねてしまいました。

 

ですが、パーティー終了後に仲良くなった数人とお土産屋さんに寄ったり、帰路は大阪に帰るご一行と途中までご一緒したりと、十分楽しめたので良しとします(^^♪

 

※情報は2015.10.6時点のものです

年越野郎

普段は普通の勤労者であるMの、『年越』をテーマにいかに年越を楽しく面白く過ごすかに心血を注ぐ、セルフキャンペーンおよびその際のキャラクターの名称。過去に年越そばの栽培を手掛けたり、ニューヨーク行ったり等して年越を過ごす。
2016年の年越テーマは『婚活』。年越野郎(30歳/女性)が、”元日入籍”を目標に、9月の誕生日から年末までにありとあらゆる婚活を行う様子をレポートします。
※元日入籍が難しい場合は出雲大社で年越。
★女磨き・婚活ネタを絶賛募集中です。ご連絡先はこちら toshikoshi@mory.info
★セルフインタビュー(2012年):https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=218778784914255&id=485940241436070

関連タグ

この記事もおすすめ