芸人妻の覚悟 幸せかどうかは私自身の心が決める!vol.8

愛する旦那さんへ

よしか感激!(秀樹さん風)
あなたがこんなにも私とのことを、細かく覚えていてくれたなんて、すごく嬉しい!

※前回の夫からのメッセージはこちら⇒★★★

私はだいぶ忘れていたんですね。すみません、あなたは私と結婚した…のではなく、私に結婚させられた…のですね。

でもね、私はあの時思ったんです。この人を幸せにできるのは、私しかいない!と。絶対この人を幸せにするんだ!って(笑)
だから今も、こうして毎日頑張って働いているというわけです。

独身時代のあなたは、アルバイトもろくにせず、ほんのちょっとの芸人のお給料で、週に3.4回は中洲へ。とても自由に過ごしていらっしゃったので、そんな芸人と結婚する!と言った私を、周りの友人は、かなり心配してくれていたことを思い出しました。

ある時、ちょうど結婚式の打ち合わせで訪れたホテルのカフェで、可愛がってくださってた、落語家の師匠の奥様にバッタリお会いしました。その時、奥様に言われたこと…

『芸人の妻は、半年くらい旦那が帰って来なくても、半年ぶりに、ただいま!と帰ってきたら、笑顔でおかえり!って言わなあかんで。』

え?え?え?

どういうこと??

私、そんな大きな器、持ち合わせていないんですけど…

そういえば、同棲しているとき、あなたの誕生日に一緒にご飯を食べようね、と話していたのに、あなたは中洲へ…

酔っ払って帰宅したあなたに、ケーキを投げつけた私。宙に舞うケーキは床に落下。あなたは黙ってケーキを片付ける。

ある時は、あなたは女の子とワイワイ飲み会にお出かけ。家中にある紙類(エッチな雑誌も含む)を全てビリビリに破いて、あなたの座る席に山積みで放置。酔っ払って帰宅したあなたは、その時も黙ってゴミ袋に片付けるはめに。

あ、コーラかけ(ビールかけのように)したこともありましたね。何が喧嘩の理由だったのかは、忘れましたが。(笑)

結婚してからの私は、芸人の妻として立派になるために、大きな器を探す旅へ出発。旅の途中で様々な方法を取得し、無事大きな器を手に入れました。
さて、今回は、私が行っていた、様々な方法のひとつを皆さまにご紹介します。

みなさん、メモの準備はよろしいですか?

みなさん、メモの準備はよろしいですか?

★旦那さんが、メッセージの書かれた名刺を持ち帰った場合は、追記するべし!

旦那さんが、財布やバックやポケットに、また会いたいな〜的な名刺や、女性の字で書かれたメモ紙を、ご丁寧に持ち帰ってきた場合は、すぐに追記してください。

1.まず、書かれたボールペンがどんなタイプか?どの太さか?を調べます。家中のボールペンをご用意ください。

2.メモ紙に各ボールペンを試し書き。よっしゃ、これだ!のペンを見つけたら、いよいよ実行です。

数字の3は→8に変換

数字の1は→4または7に変換

アドレスの o は a に変換

t は f に変換

などなど、バレないように上手く変換できれば、電話をかけても繋がらず、メールを送ってもエラーとなり戻ってきます。これで、回避成功!

しかし、またその方に会う機会があれば、今の時代は、LINEのふるふるや、QRコードなどで、ササッと連絡先を交換できますので、その時はアッサリ諦めてください。

もしも、浮気がわかったら、

『ありがとうございます。あなた(女性)のおかげで、より私(妻)の良さを再確認できたであろう夫が、大変お世話になりました!』

そう思い、感謝をすればいいのです。

新婚当初は、色々と心配しておりましたが、結婚8年目になると…あぁ〜お酒とか持たせてくれて、洋服とかプレゼントしてくれる人いないかな〜素敵な女性大募集!となるわけです。

決して浮気を肯定しているわけではございませんよ。ヤキモチは一応焼くんです。適当に(笑)

『また港(私)に戻ってくるとよ。男子は漁師やけん、芸人の妻は、このくらいドッシリしとかんと、やってられんも〜ん。』

「すべては海の男を愛した私のせい…」

「すべては海の男を愛した私のせい…」

いつかこんなセリフを言ってみたいのですが、残念ながら、今のところ浮気は発覚しておりません。妻命なのか?モテないだけなのか?

きっと妻命だからでしょうね。と思っておくだけで、私はとても幸せなのです。

あなたは、

『あのね、ジェシちゃん、幸せは、自分の心が決めるとよ』

よく私にそう言っていましたね。

【しあわせは いつもじぶんのこころがきめる】

相田みつをさんの詩は、私の人生(結婚)には、なくてなはならないメッセージです。

考え方ひとつで、自分の心をコントロールできる。芸人の妻として幸せに過ごしていくのは、私自身の気持ちにある!

結婚して7年間、辛いときには心にあるこの言葉を思い出し、とりあえず笑ってみる。この先も、とりあえず、一緒に笑って過ごしていきましょう。

さて、今の森本家は、笑えない戦い真っ只中です。M1グランプリに、コンビ《どんぴしゃ》挑戦中。現在、2回戦を無事通過し、3回戦へ向けて稽古に励んでおります。私はというと、7年間行っている、あるイメージトレーニングを続けております。

そのトレーニングとは?決勝の切符を受け取ったよ…という旦那さんからの電話を受けた時の、号泣リアクションを練習すること。

そろそろ主演女優賞いただけるくらいの仕上がりです。今年こそ、披露できますように。

あなたが何年も通過していない、R1グランプリ1回戦を、アマチュアなのに初めて受けて、アッサリ通過できた私からのアドバイス。

あなた、緊張すると思うけど、リラックスして、いつも通りで大丈夫だからね〜たくさんの人を笑顔するお仕事、芸人として、自信を持って戦ってきてください。

あなたは本当に面白いから♡

妻よしかより

 

※情報は2015.10.19時点のものです

森本好香

1976年生まれ 福岡市出身。福岡在住。ハニーズ出身、クラシックバレエ講師を経て、日本ベビーダンス協会 認定インストラクター。芸人の妻として…難聴の息子の母として奮闘中!片づけが苦手で、忘れん坊なおとぼけママ。

関連タグ

この記事もおすすめ