コーヒーの香り~緑のアロマ部屋vol.42

こんにちは。看護師・アロマセラピスト 緑です。

朝起きると肌寒くて、着るものに悩む今日この頃。。

朝の電車内では、学生さんたちが試験も終わったようで、教科書ではない本を読んでいます。

引き続き、読書の秋ですねー。


通勤・通学以外での読書の場所といえば、おうちやカフェでしょうか。

この場合、おともの飲み物はコーヒー派が多いのでは?

勉強する時も眠気覚ましといえばコーヒー。

あまり飲まないけど、香りは好き!という方もいらっしゃるかと。

コーヒーに、ココナッツオイルを入れて飲むダイエット方法も、ちょっと話題になりましたね。

ちなみに、クリーマーなどでしっかり混ぜて乳化させる。

糖質と一緒に摂らない。

というのがポイントらしいです。

この場合、ココナッツオイルの香りに軍配が上がりますが(笑)

 

ともあれコーヒー。

実は、精油があるんです!

希少価値が高くて、取り扱っているメーカーは少ないのですが。

ずっと気になっていたので、取り寄せてみました。

どれどれ…。おお、コーヒー色をしてます。

匂いは…あ、コーヒー!!

淹れたてというよりは、豆そのものの香りのような。

アラビカコーヒーノキと呼ばれるアカネ科の植物から採れるそうです。

アラビカコーヒーは、コーヒーの木の中でも初期から栽培されていた品種。

また、世界で生産されているコーヒーの70%はこの種からなると言われています。

ご存知の通り、コーヒーにはカフェインが含まれています。

快い刺激と興奮作用をもたらし、疲労回復や覚醒が促されます。

古くはイスラムの僧院で睡魔撃退、強精薬的にも利用されていたそうです。


精油としての、効果効能はまだはっきりとわからないようですが、

コーヒーの香りを嗅ぐと、脳にアルファ波が生じ、リラックス効果があることが分かっています。

また、脳の働きをよくし、頭の回転を活性化させるという実験結果もでているそうです。

勉強中やデスクワークに向いてるわけですね。

摂りすぎはよくないでしょうけど。


こんなのも見つけちゃいました。

コーヒーのお線香!

こちらは勇気がなくて?まだ試しておりません。。

でもコーヒー好きには、匂いだけなんて拷問??

やっぱり淹れたてのコーヒーの方が喜ばれそうですねー(笑)

病院でのコーヒーといえば、思い出す患者さんがいます。

朝のコーヒーを習慣にされていたAさん。

散歩がてら、毎朝売店までコーヒーを買いに行かれていました。

そのうち、車いすでお供し、季節が変わる頃には看護師が買いに行くようになりました。

徐々に食欲がなくなり、眠っている時間が長くなったAさん。

時折、思い出したかのように「コーヒーをお願い」と言われました。

コーヒーの匂いが病棟に香ると、「ああ、今日はコーヒーが飲めるんだ」とみんなでホッとしました。

Aさんとお別れした後、しばらく

スタッフの休憩室でコーヒーを淹れると、みんなAさんのことを思い出しているようでした。

今でも時々コーヒーの話になると、Aさんの名前が出てきます。

緩和ケア病棟の休憩室にあるコーヒーメーカーは、ある退職した看護師が寄贈してくれたものです。

彼女は、体調不良のため、大好きな看護師を辞めることになりました。

最後のあいさつの時に、こう言っていました。

「もっともっと看護師として働きたかった。仕事ができることは喜びです。どうかそれを忘れないで。」

働きたいのに働けない、

食べたいのに食べられない、

生きたいのに生きられない。

そういう思いをされている方々がいます。

いま私のできること。

やるべきことを考えて、いろんなことに感謝し、返していけたらと思っています。

少し前から、緩和ケア病棟内で、週に1回ボランティアの方々が喫茶室をオープンしてくれるようになりました。

患者さん・ご家族にコーヒーや抹茶をたててくれます。

どうやら先生もお呼ばれしているようです(笑)

 

どうかみなさんが、ほっとひと息つけますように。

 

※情報は2015.10.30時点のものです

池田 緑

看護師・アロマセラピストとして活動中。
福岡市内 椎名マタニティクリニック 柳川市 清和会長田病院 を中心にメディカルアロマセラピーを行う。
岩田屋コミュニティカレッジ 「メディカルアロマセラピー講座」などで、自分自身も楽しみながらアロマの奥深さを伝えている。
池田さんのコラム連載はこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/tag/salon_verte/

関連タグ

この記事もおすすめ