縁結びのプロ直伝!婚活のコツとは?(後編)

『元日入籍』を目標に婚活をはじめた年越野郎が、結婚相談所『ふくおか縁結び倶楽部』代表の代表でマリッジコーチの馬場純子さんにお話を聴かせて頂いきました。

 

前編では、婚活の手段やモチベーションについてお聴かせ頂きましたが、後編では、より良いゴールを迎えるために大切なことについて教えて頂きました。


婚活がうまくいく人っていうのは、素直で、ちゃんとアクションを起こしている人ですよね。いいなと思った人に声をかけたり、連絡先を交換したりして、また会う機会を作っている人。それって緊張することかも知れないけど、別に難しいことではないですよね。でも、人って自分がタイプだと思わないと、積極的に接近していかないですよね。

 

女性の場合、男性はどうしても見た目が綺麗な女性と年齢が若い女性に興味を抱いてしまいますが、付き合うかというとそうでもないみたいです。綺麗でもとっつきにくい女性よりも、笑顔が素敵な女性がいいようです。

 

また、男性の場合、髪を整えたり服を買いに行ったりする時間がある人は、女性とも話ができると思うんですけど、そういう部分って個人の考えがあることだから、本人が意識を持たないと難しいでしょね。求めていない人に服装や髪形についてアドバイスしても押しつけですから。

 

自分にどんな問題があるのか、異性からどう見えるのかを、客観的に考えたり、誰かに教えてもらったりして、傷ついていかないと変わらないですよね。そこを「うまくいかなかった」で終わらせるか、「何か学ぶものがある」と考えるかで、変わると思うんですよね。何かがうまくいかないところに、チャンスの種があると思うんです。

 

だから、結婚相談所に登録をすると、みなさんスイッチが入るんですよ。結婚相手を探す覚悟が決まるんです。

(ふくおか縁結び倶楽部のサイト)

(ふくおか縁結び倶楽部のサイト)

ただ、結婚は相手がいることなので、自分だけが成長しても、相手との波長が合わなかったら、うまくいきません。相手にどれだけ合わせられるかが、結婚だと思います。

 

でも、好きな人だったらある程度合わせられると思うんです。そのためにも、相手にどこかしら好きなところがないと、そして、相手の好きなところを見つけていかないと、結婚生活は続かないものだと思います。

 

一緒にいると、自分は正しいと思っていても、相手にとって正しくないことはいっぱいあるんです。そうしたことにこだわっていると、相手の全部が嫌になってしまいます。だから、考え過ぎないことですね。ひとりでいくら悶々と考えても、相手と自分とのことなので、そもそも自分で解決できる問題ではないんです。

 

だから、なんとなく好きだから一緒にいるとか、なんとなく安心できるから一緒にいるとかでいいと思うんですよ。結局は好きか嫌いかだと思います。

 

年齢とか、恋愛経験がないから自信がないと言う人もいますが、自信なんて誰も持っていません。「自分はこうだから、周りからこう思われているんじゃないか。」っていうのは、自分が勝手に思っているだけだから、自信がないところから「そんな気にしなくていいんじゃない?大丈夫だよ。」って自分に言い聞かせて、どうしていくかだと思います。

 

出会った人と向き合って、好きだなと思えれば、その人とやり取りしていくことの延長が恋愛だと思います。そして、ずっと一緒にいたいと思う人と結婚したらいいと思います。

 

いいなぁと思っている人に、ただ素直に「私も」って、言えればいいと思います。深く考えずに。新たな出会いを楽しんで。


結婚している、していないに関わらず、幸せに生きている人って、力の入れどころと抜きどころのバランスがいいんじゃないかと思いました。変なことで気を揉んで、1人で勝手に疲弊したり、大事なタイミングを逃したりせずに、周りに気を遣いつつも、自分に正直にしていればいいのかなと思います。

 

近年、人の自意識を形容する表現に“こじらせ”という言葉が定着し、あちらこちらで見かけるようになりました。中には“クール”な印象を纏う表現さえ目にするようになりましたが、恋愛も、結婚も、人生も、こじれていたら存分に楽しめないのでは?と思いました。こじれを解いて、素直になることが幸せの第一歩なのではないかと思います。うーん、頑張ろう。

 

★ふくおか縁結び倶楽部

http://www.f-omusubi.com/

 

※情報は2015.11.5時点のものです

年越野郎

普段は普通の勤労者であるMの、『年越』をテーマにいかに年越を楽しく面白く過ごすかに心血を注ぐ、セルフキャンペーンおよびその際のキャラクターの名称。過去に年越そばの栽培を手掛けたり、ニューヨーク行ったり等して年越を過ごす。
2016年の年越テーマは『婚活』。年越野郎(30歳/女性)が、”元日入籍”を目標に、9月の誕生日から年末までにありとあらゆる婚活を行う様子をレポートします。
※元日入籍が難しい場合は出雲大社で年越。
★女磨き・婚活ネタを絶賛募集中です。ご連絡先はこちら toshikoshi@mory.info
★セルフインタビュー(2012年):https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=218778784914255&id=485940241436070

関連タグ

この記事もおすすめ