【長廣百合子】命の誕生は奇跡 国全体で認識共有を

現在ドラマにもなっている産科医療漫画「コウノドリ」は、そんな自分の妊娠、出産エピソードを思い出させてくれる作品だ。「妊娠は病気ではない」といわれるが、流産や切迫早産、早剝(常位胎盤早期剝離)、前置胎盤、子宮破裂など、赤ちゃんも母体も数え切れないほどの「命のリスク」を背負っていることをリアルに描いている。

 

すべての出産は奇跡だ。当たり前の命など無いという現実を、当事者夫婦をはじめ「生まれた経験のあるすべての人」が共有できるとよい。その連鎖が「子育て世代にやさしい国」を形づくる原動力になると信じている。

 

 

2 / 2

※情報は2015.11.8時点のものです

この記事もおすすめ