女子大生が久留米の中心市街地をブラ歩き☆

井筒屋と六角堂跡地に、久留米シティプラザの工事が着々と進む、久留米中心市街地。久留米で産まれた私は小学2年生で転校するまで、ときどき商店街でお洋服や本、おもちゃなどを買ってもらったり、喫茶店にわくわくしたりしていました。そして神奈川生活を経て中学3年〜高校3年まで再び久留米で過ごし、お小遣いでお茶やカラオケに行ったのもこの商店街。その後東京に行ってしまい暫く足が遠のいていましたが、縁あってこの春から十数年ぶりに久留米に通い始め、今度は学生の目を通じて久留米を感じることに。不定期ですが学生とのレポートをお届けさせていただきます!


まちづくり会社ハイマート久留米社による学生まちなか賑わいづくりコンペティション事業「まちなか万博!」のワークショップに参加し、中心市街地をフィールドワークしてきました! 筑後地区の複数の学校から約30名の学生が集まり、街の方にお話を聴きながら歩きました。

文化街は普段なかなか通らない場所なのですが、居酒屋やスナックなど大人の方々が行くようなお店がたくさんありました。市役所は高さ91.3mの福岡県内で一番高い市庁舎です。月に1度の休館日にあたり残念ながら展望ロビーには登れませんでしたが、久留米市街が一望できるそうなので今度登ってみたいと思います。

久留米市役所

久留米市役所

久留米の伝統工芸品である「久留米絣」を取り扱う「西原糸店」は大正6年から続く歴史あるお店です!!

今は5代目の若旦那が経営しているそうです。お店には久留米絣を使った服や小物がたくさん並んでいました。皆さんも是非足を運んでみてください。

池町川は8年ぶりに1000匹のコイが放流されており、水もきれいでした。池町川倶楽部の寺島さんから、以前は自転車などが川に捨てられていたけれど少しずつ活動して今回の放流に繋がったとのお話がありました。夜はイルミネーションがついたり、5月には鯉のぼりも飾ったりするそうです。川沿いの椅子やテーブルで、もう少し大人になったら食事を楽しんでみたいなと思いました。

アーケードの中は人通りが少なく少し暗い雰囲気ですが、歩いているとオシャレなカフェや昔ながらの居酒屋などがあり、結構楽しめると思いました。これから久留米の街がもっと活性化して行けば良いなと思います。

街歩きで感じたこと・気づいたことを1人30枚付せんに書き出し、それをグループ内で分類したのですが、同じ場所でも一人一人捉えかたが違ったり「こんなことまで?!」というところまで気づいている人もいたので、面白かったです。


半分の学生は久留米市民ではないので、この辺りに初めて来たと言っていました。これから少しずつ時間をかけて自分たちとの接点を見出していきたいと思います!

それでは、また!

 

※情報は2015.11.16時点のものです

西田 明紀

外資系や人材業界を経て、地場企業でダイバーシティーを推進。ビジネススクール福岡校を立上げ後フリーに。福岡地域戦略推進協議会フェローや、久留米信愛女学院短期大学専任講師、WorkStyleCafe主催。キャリアカウンセラー。

関連タグ

この記事もおすすめ