結婚の御祝いにプレゼントしたい映画は?

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』

監督・脚本:リチャード・カーティス 出演:ドーナル・グリーソン/レイチェル・マクアダムス(2013年)

イギリス、コーンウォールの片田舎で家族と暮らす青年ティム。

ある朝、21歳の誕生日を迎えたティムは、父親から衝撃の事実を告げられる。

一族の男に【タイムトラベル能力】が遺伝するというのだ。

といっても特別な儀式は必要ない。狭くて暗いところに行って、こぶしをギュッと握りながら戻りたい場面を思うだけ。

「そんなにドラマチックじゃない」

と肩をすくめながら話す父親に、そんなバカなと半笑いのティム。

しかし早速自室のクローゼットで最初のタイムトラベルを経験し、あっさり事実を受け止めた。

21歳で彼女いない歴21年。

この能力でなんとしても彼女を作ろうと、ティムはタイムトラベルを繰り返すのだが…。

スタッフHです。

結婚する人に映画のDVDをプレゼントすることにしているのですが、今はこの作品が鉄板の一枚になっています。

監督は『ラブ・アクチュアリー』他、数々の名作を手がけてきたリチャード・カーティス。

おしい事に本作が監督引退作です。

タイムトラベルといっても、SF映画の要素はさりげないもの。

時間旅行に伴う危険や面倒なロジックはありませんし、大げさな舞台装置も要りません。

「あ、今の言葉ちょっと言い直したいな」と思ったら、ちょっと隅に行って気軽にタイムトラベル。

何度も行ったりきたりを繰り返して、最善の道を選ぶ事ができます。

そうやって最愛の人メアリーと出会い、子供にも恵まれたティム。

しかし最終的に彼はタイムトラベルをやめてしまいます。

なぜか??

不幸な出来事やアクシデントが起きたからではありません。

その理由に、この映画の感動とメッセージが込められています。

結婚したばかりの幸せなカップル、恋人と別れたばかりの人、親しい人をなくして悲しみにくれている人、人生の節目ごとに感動の種類が変わる映画だと思います。

映画の内容とチラシのビジュアルがマッチしてないのは、SFではなくラブストーリーとして見て欲しかったからではないでしょうか。

ビジュアルのメインになっている、メアリー役のレイチェル・マクアダムスのキュートな笑顔がなにしろ魅力的です。

逆にティム役のドーナル・グリーソンは、どこか自信がなさそうな地味顔…よく言えば誠実が服を着て歩いてるような容姿。

誰もが応援したくなるような可愛らしいカップルで、ムービープラスアワードで ベストカップル賞1位を取ったのも納得です。

さて、皆さんならこの能力を何に使いますか?

ちなみにティムの父親は、タイムトラベル能力を読書に費やし、人が一生に読める以上の本を読んだと話します。

遡れるのは自分の人生だけですが、時間を長く有効に使う事もできるわけです。

時間が自由に使えるとしたらあなたはどんな風に使いますか?

時間が自由に使えるとしたらあなたはどんな風に使いますか?

心理クイズのようなもので、何を選ぶかでその人がどういう人間か分析できそうですよね。

そして、案外どうしても戻りたい瞬間がなかった私。

…なんだか寂しい(汗)

 

※情報は2015.11.18時点のものです

(株)デジタル・アイ内 Lemonブライダルカウンター

住所福岡市早良区百道浜2丁目1-22福岡SRPセンタービル9F
TEL0120-012-844
URLhttp://lemon.in.net/pc/
その他

平日:10:00~18:00
休日:土・日・祝日
※メール、HP内チャット等でご相談を承けたまわっております
(福岡市内であれば、出張相談も可能です)

大きい地図で見る

Lemon

福岡・佐賀のブライダル情報『Lemon』

Lemonパソコンサイト:http://lemon.in/net/pc/

Lemonスマホサイト: http://lemon.in/net/sp/

関連タグ

この記事もおすすめ