娘から、母へ。「心からの、ありがとう」 【クリスマスの贈り物2016】

「クリスマスの贈り物」

クリスマスは大切な人に思いを伝える1年でも最大のチャンス。
西日本新聞と福岡ビィーキで、「あなたの思い出に残る贈り物のエピソードを教えてください」と募ったところ、たくさんのメッセージが寄せられました。
いずれも相手を大切に思う気持ちが伝わる、ステキなエピソードばかり。
全部紹介できないのが残念ですが、これからクリスマス直前まで、ご応募いただいたエピソードと、福岡市内のお店のおすすめギフトを、一日一つずつご紹介していきます。

クリスマスまであと19日

今日はT・Yさん(福岡市/48歳)のエピソード。

娘から、母へ。
「心からの、ありがとう」

 高校生になった娘は、誕生日の夜は友達と過ごしていました。

そんな娘からメールが届きました。

「生んでくれてありがとう」と。

メールの送信時間は、娘が生まれた時間でした。

私は感動で涙が溢れました。

こちらこそお母さんにしてくれてありがとう、こんな素敵なギフトをもらえて幸せです。

 さて先日私も誕生日を迎え、母からおめでとうの電話をもらう前に、私から母に「ありがとう」の電話をしました。

ただ娘のように、「生んでくれて」という言葉は恥ずかしくて言えませんでした。

そういえば父に対しては、父が危篤状態の時の病室で、最後2人だけになったほんの僅かな時間に、今まで言えなかった「ありがとう」がやっと言えました。

心からの「ありがとう」は、人生において一番のギフトです。

「幸せいっぱい、赤ちゃん絵本!」
親子いっしょに食べる楽しさや喜びが味わえる1冊。シリーズの、『に〜っこり』『おやすみ〜』も好評発売中。 『おいし〜い』864円/くもん出版

「幸せいっぱい、赤ちゃん絵本!」
親子いっしょに食べる楽しさや喜びが味わえる1冊。シリーズの、『に〜っこり』『おやすみ〜』も好評発売中。 『おいし〜い』864円/くもん出版

※情報は2015.12.6時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ