娘から、母へ。「母から、私、娘へとつながるかつお節」 【クリスマスの贈り物2016】

「クリスマスの贈り物」

クリスマスは大切な人に思いを伝える1年でも最大のチャンス。
西日本新聞と福岡ビィーキで、「あなたの思い出に残る贈り物のエピソードを教えてください」と募ったところ、たくさんのメッセージが寄せられました。
いずれも相手を大切に思う気持ちが伝わる、ステキなエピソードばかり。
全部紹介できないのが残念ですが、これからクリスマス直前まで、ご応募いただいたエピソードと、福岡市内のお店のおすすめギフトを、一日一つずつご紹介していきます。

クリスマスまであと11日

今日はT・Nさん(春日市/73歳)のエピソード。

娘から、母へ。
「母から、私、娘へとつながるかつお節」

 盆暮れになると、わが家に大きなダンボール箱が届きます。

中味はかつお削り節。

500グラム入りの袋が4袋。すごい量です。

料理好きの私のために、娘が贈ってくれるんです。

感謝の一言。10年前逝った母には、私が贈り続けていたのですが、今では、娘が同じことをやってくれています。

何よりも嬉しい贈り物が、私の料理を盛り立ててくれます。

母が生前、「かつお、ありがとう!!」と言っていた言葉が思い出されます。

娘に「ありがとう」と改めて言いたい。

先日、10歳の孫娘に感謝状をもらいました。

「おばあちゃん、いつも、おいしいお料理、ありがとう!! これからも、楽しみにしているよ。

いつまでも、元気でいてネ」。

とても嬉しい言葉でした。正月も近いのでお節料理、がんばるぞー。

「思い出を部屋に飾ってね」
フレーム部分に打ち出し加工を施し、デザイン性がUP。インテリアとしても素敵。 フォトフレーム各5,616円/メゾン ドゥ ファミーユ(博多リバレインモール1F)

「思い出を部屋に飾ってね」
フレーム部分に打ち出し加工を施し、デザイン性がUP。インテリアとしても素敵。 フォトフレーム各5,616円/メゾン ドゥ ファミーユ(博多リバレインモール1F)

※情報は2015.12.14時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ