年賀状の準備はお早目に。これで美文字!おすすめ筆ペン3選

みなさん、年賀状のご準備は進んでますか??

インキューブにもただいまたくさんの年賀状作成アイテムが並んでいます。

 

今回は最新のおすすめではなく、多くのみなさんがフィットするものに出会えていないであろう「筆ペン」をご紹介します。

 

世の中にはじめて筆ペンを誕生させたぺんてるのものや、書道する人にはなじみが深い呉竹を中心に、太さやカラーバリエーションなど、インキューブには約50種の筆ペンが並んでいます。

 

筆ペンが世の中に誕生したのは1976年。

毛筆の最高級と言われるイタチの毛に近づけるよう、独自の加工で毛の1本1本を先細りさせ、化学繊維なのにペン先までしなやかにまとまる筆先をつくりあげたのがぺんてるです。

そのぺんてるの筆ペンの中でもずーーーっと人気なのが、この2種です。


お米のように真ん中が少しふくらんだ形の「つみ穂」の筆先に対し、先をすいてシュッとしたのが「すき穂」。

女性と男性の体格の違いを想像してもらえれば分かりやすいかなぁ。

自分の力で強弱をつける筆ペン筆記が苦手な方へは「つみ穂」をおすすめしています。真ん中が厚みがあり、強弱がつけやすいので、迷っている方には〈とりあえずの1本〉です。

「すき穂」はしゅっとしているので自分の力がダイレクトに伝わり、強弱が表現しやすいのが特徴です。

だから筆を書きなれている方へはこちらをおすすめしています。

そして毛筆メーカーとして確固たる地位を築く「呉竹」の中でも人気急上昇なのが「完美王」。か・ん・び・お・う。

直液式なので、筆ペンの本体を押さなくても常にインクが筆に染み渡っていて、描いている途中でかすれることがありません。

これは今までの筆ペンになかった機構でとっても画期的です。

かすれることにストレスを感じていた方におすすめです。

さいごにご紹介するのは、筆ペンが苦手な私でも、そこそこの文字が書ける「筆ごこち」です。

フェルトタイプの筆先でかためなので、ボールペンやサインペン感覚で書くことができます。住所書きなどの細かい文字を書くときにもぴったりです。

今回は個人的なおすすめを選びましたが、筆の持ち方、筆圧、書く箇所によってベストなものが変わってくると思います。

店頭でお申し付け頂ければ気になる筆ペンの試し書きもできますので、本格的な年賀状シーズンになる前に、ベストパートナーを見つけてみてくださいね。

満足まんぷく、おかわりくださーーーい!

 

※情報は2015.11.29時点のものです

雑貨館インキューブ天神店

住所福岡市中央区天神2丁目11番3号ソラリアステージビル
TEL092-713-1092(代表)
URLhttp://www.incubenews.com/

大きい地図で見る

中村ふみ江

福岡市天神にある「雑貨館 インキューブ」営業部シニアチーフ。雑貨専門学校を卒業後、家具職人として働いていたこともあり、興味あるものにはズッポリはまってしまう職人気質。知るほどに奥深い文房具、おなか一杯になるまでご紹介します。中村さんのインタビュー記事はこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/people/4145/

この記事もおすすめ