九州男児は亭主関白?地域別パートナー満足度調査【PGF生命調べ】

九州男児といえば、「亭主関白」というイメージを持っている方もいらっしゃるでしょうが、本当にそうなんでしょうか?

PGF生命が調べた「人生の満足度に関する調査2015」(10/30~11/1実施、20~79歳の男女2,000人対象)の「パートナーの満足度」で、検証してみたいと思います。

 

近畿地方の男性は家庭的な女性が好き?

パートナーの満足度について、どのような点に満足しているかを聞いたところ、近畿在住の男性は「家事が好き・得意である」(36.4%:九州・沖縄の男性は30%)、「口うるさくない・自由にさせてくれる」(26.4%:九州・沖縄の男性は17.5%)が他の地方より高いことが分かりました。近畿在住の男性は、“家庭的であること”と“適度な距離感を保てること”を、パートナー選びにおいて重視しているのかもしれません。

 

九州男児の5人に1人が家事メン

女性の回答に注目してみると、北海道・東北在住の女性と九州・沖縄在住の女性は、「家事が好き・得意である」(北海道・東北20.5%、九州・沖縄18.9%)が他の地方より高いことが分かりました。亭主関白どころか、九州男児の5人に1人が家事メン。ちなみに、家庭的な女性を好む傾向が出た近畿地方の女性で、パートナーの「家事が好き」な点が満足と答えた割合は10.7%でした。

 

収入が安定しているパートナーに出会うなら中部地方?

調査では、今のパートナーに満足していることは「優しさ・思いやり」が53%で最も高く、次に「家族を大切にする」(39.8%)が続きました。もちろん、優しさは大事です。でも、収入の安定も大切な要因のひとつですよね。そこで、女性を対象にパートナーの「収入が安定している」点が満足度に繋がっていると答えた人を居住地域別に比較したところ、中部在住の女性が24%(九州・沖縄の女性は15.1%)と他の地方より高いことが分かりました。女性が安定した収入のパートナーに出会うなら中部地方が一番なのかもしれませんね。

 

さて、ここまで見てきたように、九州男児=亭主関白というわけではないようです。

それどころか、家事メンが多い!という、意外な(?)結果も得られました。新しいイメージの九州男児の今後が楽しみです。

 

人生の満足度に関する調査2015

詳細はこちら⇒http://www.pgf-life.co.jp/

 

※情報は2015.12.21時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ