奇跡の秘宝が遂に日本上陸!「黄金のアフガニスタン」九州国立博物館

シルクロードの中間に位置し、古くから東西南北の文化が行き交う「文明の十字路」と呼ばれた古代アフガニスタンの文化財を集めた特別展「黄金のアフガニスタン―守りぬかれたシルクロードの秘宝」が2016年1月1日~2月14日、九州国立博物館で開催されます。

九州国立博物館開館10周年を記念した特別展。ギメ国立東洋美術館、メトロポリタン美術館、大英博物館など世界で170万人を魅了した秘宝が、遂に日本上陸!日本初公開となる数々のきらびやかな黄金製品、命懸けで守られた奇跡の秘宝をご堪能ください。

命懸けで守られた奇跡の秘宝

展覧会では、紀元前2200年頃から紀元後2世紀頃にかけて古代のアフガニスタン各地で栄えた文化を、4つの遺跡から出土した名宝によって紹介します。なかでも、アフガニスタン北部のティリヤ・テペから出土したきらびやかな黄金製品の数々は日本初公開で、その輝きは多くの人びとを魅了することでしょう。

アフロディーテ飾板 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタン国立 博物館蔵 (C)NMA/Thierry Ollivier

アフロディーテ飾板 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタン国立 博物館蔵 (C)NMA/Thierry Ollivier

これらの名宝は、首都カブールにあるアフガニスタン国立博物館で所蔵されていましたが、1979年のソビエト軍侵攻とそれに続く内戦などにより、博物館は甚大な被害を受け、所蔵品の多くは永遠に失われてしまったと考えられてきました。ところが、国の宝を守ろうとした博物館員は、とりわけ貴重な文化財を秘密裏に運び出し、秘密の場所に隠していたのです。

ドラゴン人物文ペンダント 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタ ン国立博物館蔵 (C)NMA/Thierry Ollivier

ドラゴン人物文ペンダント 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタ ン国立博物館蔵 (C)NMA/Thierry Ollivier

アフガニスタン紛争が一応の終結を迎えた2002年、廃墟と化した博物館の色口に垂れ幕が誇らしげに掲げられました。そこに記された標語が「自らの文化が生き続ける限り、その国は生きながらえる」(A nation stays when its culture stays alive.) そして2004年4月、秘宝を大切に保管していた金庫の扉が再び開かれます。勇気ある博物館員たちが命懸けで守り抜いた名宝の数々が再び輝きを取り戻しました。

襟飾 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタン国立博物館蔵  (C)NMA/Thierry Ollivier

襟飾 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタン国立博物館蔵  (C)NMA/Thierry Ollivier

文化財を通し、自国の文化を世界に発信しようと、アフガニスタン政府は展覧会としてこれらの遺宝を世界巡回することを決定します。2006年のフランスのギメ国立東洋美術館を皮切りに、アメリカのナショナル・ギャラリーやメトロポリタン美術館、イギリスの大英博物館など世界10カ国を巡回し、170万人以上が“奇跡の秘宝”に魅了されました。

牡羊像 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタン国立博物館蔵  (C)NMA/Thierry Ollivier

牡羊像 1世紀第2四半期 ティリヤ・テペ アフガニスタン国立博物館蔵  (C)NMA/Thierry Ollivier

今回の展覧会では、古代アフガニスタンの至宝231件に加え、シルクロードを生涯のテーマとして描き続けた日本画家でユネスコ親善大使をつとめた平山郁夫氏が、内戦のさなかにアフガニスタンから不法に持ち出された「流出文化財」を「文化財難民」と位置づけ、再びアフガニスタンに平和と安定が取り戻されるまで日本で保護するよう提唱し、賛同者から譲渡された文化財のうち15件を特別展示。この15件を含むアフガニスタンからの流出文化財102件は、この展覧会を機にアフガニスタンへ無事に返還されることになっています。

数々のドラマをくぐり抜け、現在も美しく輝き続けるシルクロードの秘宝をぜひお楽しみください。

黄金のアフガニスタン展

会期:1月1日~2月14日

休館日:1月12日(火)、1月25日(月)、2月8日(月)

時間:午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)

観覧料:一般1,400円、高大生900円、小中生500円

※前売りと20名以上の団体は各200円引き

オフィシャルサイト⇒http://goldenstory.jp/

 

※情報は2015.12.30時点のものです

九州国立博物館

住所福岡県太宰府市石坂4-7-2
TEL050-5542-8600(NTTハローダイヤル)
URLhttp://www.kyuhaku.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ