新しい靴と発想の転換。へへって笑いながら。

年が明けて皆んな少しずつ動き出してる感あるね。

みんなどんなスタートだろうな。

毎年 色々とスタートするにはお正月は解りやすい目印の日だと思います。

でも 日々は日々としてあって

そんなお正月も同じ日々の一つでもある事も事実あるのだから

いつも日々を大切にしたいものです。

 

去年よく履いていたお世話になったフランスの靴 LANVIN。

LAVINとは

LAVIN HP

女性は香水などで知ってる方も多いのかな。

僕的にはシュッとしてて色もあってお気に入りで履いてた。

ちょっと慣れてきたし ちょっとくたびれてきた。

お疲れさん。

靴屋さんに出して綺麗にしてもらおう。

ちょっと 慣れてきたのもあったので新しい靴も購入。

何気に立ち寄ったショップで購入したイタリアの靴 Doucal’s。

Doucal’sとは

なぜ、DOUCAL’Sの靴は疲れにくいのか?

Doucal’s メインHP

靴の中のチェックが可愛い。そして外観の皮はしっかりしてる。

まだ 硬いので馴染むまでも少し時間がかかるな。

僕ら人間は歩く生き物でもある。

足を出し前に進む事を歩くと言う。

歩くとは前に進んでるって事だよね。

という事は常にどんな形でも前に進んでるんだよ。

 

悲しくても

辛くても

くだらなくても

下手くそでも

ダメでも

どんなに否定的な自分でも前に。

 

物理の世界としての一部でもある僕ら。

僕らも物質。

物質である僕らは進むことはどんな状態であれ前にって事なんだ。

 

自分では遠回りに見えても

自分ではやりなおしに見えても

自分では進んでなく見えても

進んでる事実。

 

だから 無駄に悩む事立ち止まるのはもったいない。

そんなん どうだっていいさ。

 

ただ目の前の事をやる。

それが目的の場所へ辿り着ける早いの方法。

 

人は目の前の事しかできない真実。

そこを見失っちゃいけない。

 

色々と悩むとか

前向きになれないとか

遠回りなんじゃないかとか

そんな自分自身を信じられない状態はどうだっていいさ。

 

僕らは動き出した時点で何かの目的や目標とする地点に向け動いている事実はあるのだから。

 

それは意識的地点へと。

それは無意識的地点へと。

それは流れの中でたどり着く地点へと。

簡単な事だ。

 

あの店に行くのが目的で動きだしたとする。

途中 違うものが目に入り時間を使っちゃうとか。

スマホ触ってたら違う情報が目に入り

次へ次へ次へと目的から逸れちゃってるとか。

よくある事だよね。

 

まぁ

時間もあり のんびりした時間を使うと決めて

そんな時間の無駄を楽しむのもありだけど 大半が無駄に無駄を過ごしてる。

 

そんな時代の中に僕らは生きてるからというのもあるけどね。

だからこそ 私は私を生きなきゃもったいない。

 

情報は情報としてあるが 全てではない。

 

僕が皆んなにいう事の一つ。

情報を欲すると情報がなきゃ生きていけなくなる。

必要なのは生きる知恵。

知恵は知識を求めない。

 

生きる知恵を手にした者は知識を求めない。

それが なくても生きていけるという事を解ってるからね。

だから僕は生きる知恵を手にしてほしいと皆んなにいう。

 

自分のモノとして知って 気づいて 解る と言う状態から来る

自分の生きる知恵。

 

そうすれば 前に進んでるんだから後は知恵を当てはめ進むだけだろ。

進め♪進め♪

進め♪進め♪

知って 気づいて 解る状態の自分として自分のモノとして解ってほしい。

 

言葉というツールの表現は物事を軽くする。

解りやすくとする事は 考えを無くす事へと繋がる事が多い。

 

僕はテレビは見ないが たまに宿泊したホテルなどで時間を確認する為にテレビをつけると

誰かが喋り

その喋った言葉が文字として表示され

笑い声が乗っかり

違う人の表情もあり

音楽があり

色で文字を分け

解りやすくなってる。

 

こんなん 10年も当たり前にある物として

見続けてれば 人は余計に考えなくなるよ。

 

解りやすく 伝わりやすく。

だから解った、伝わったとして人は考えない。

 

今の子供達は当たり前にその状態を続けてるんだ。

なんだか 人の持つの五感という機能が備わってるのに使えなくさせられてる感も否めないな。

そんな当たり前にあるモノの為に。

なんだか可哀想だよな。

 

もちろん僕ら大人もだ。

大人はもっと10年とは言わないくらいこの状態を続けてるんだ。

そりゃ 人間として生まれてるのに 人間の機能を使わなくなるってる。

そんな風に大人も知らずしてなってしまってる。

 

これはテレビに限らず今の社会はそれで出来ている。そんな時代。

 

もっと悩まず 自分を信じて進める自分で在ろうぜ。時代に翻弄されずに。

 

悩むのは考える事を忘れてしまっているから

自分は解った気になっているから

考えている様で真意を考えていないから

考えている途中で諦めるから

答えのない頭の中で悩みもがく。

 

考えるその先に知識も知恵も手に入るものとしてある。

 

時代に翻弄されない自分。

そんな当たり前な自分として生きて欲しい。

 

そして そんな社会や時代だからって批判・否定し世知辛くならなくてもいいんだよ。

あるモノはあるモノとして受け入れよう。

世の中では

ハードルは高ければ高いほど越える価値がある。

なんて言う。

 

誰が言ったんだろね。こんな事。

越えられない人は価値がないみたいだな。

知らないだけだろ。その人達は。

 

要は前に進みゃいいんだろ。

前に進む事が真実としてあるのだからさ。

 

僕ならこう言う。こう思う。

ハードルは高ければ高いほどくぐりやすいから下をくぐって行こう♪

みんな一生懸命 筋力をつけ ジャンプ力をつけ頑張って何度もチャレンジしてるならなおさらだ。

へへって進みゃいい。

そしたら そのうち誰かが真似をし出し

いつの間にか皆んなくぐるようになるさ。

 

例えば

壁は乗り越える為にあるんだ!

って誰かがいう。

 

僕はそうなんかなぁ~ってまず思う。

 

そして 壁があるとするなら

今は乗り越えれないなら テントでもはって休みゃいい。

乗り越える方法を手にする時まで。

 

技術があれば

はしご作ったっていいし 扉を作ったって良い。

なんだっていい。向こう側に行けばさ。

 

ずるい!って言われたってOK。

 

さっきも言ったように僕らは前に進みながら生きてんだ。

前に進むことを止めたり・留まる方がずるくないかい。

僕ら人間が前に進んでいる生き物とするならそれを諦め辞めるのは。

 

進む知恵を持とうぜ。

 

壁やハードルが現れた時には覚えといて。

その壁やハードルの先には

まだ君が見たことない世界と

まだあった事ない人たちが沢山君を待ってる事を。

君を待ってるんだ。

君だけのものなんだ。

その世界とその人たちを待たせたままじゃね。

君の存在がその先を作り出すんだから。


留まるより なんの形でも進みゃいいさ。

その方が君らしい。

そのやり方が君らしいやり方となるさ。

 

歴史で何かを残した人たちの大半が

奇想天外な発想だけだ。

 

今とは違う発想の転換。

 

そんな簡単な事で

知らない世界を知ることができるならラッキーだよね。

さぁ ちょっとずつ 進んでみますか。

足を出せば進めるから。

手を出せば何かできるから。

へへって笑いながら。

そんな単純な事で僕らと僕らの世界は出来てんだ。

そんな色々なことを僕が喋ってるから時間ある人は聴きに来てね。

★katsu講座・イベントスケジュール

 

僕の新しい靴はまだ見た事がないものを見せてくれるんだろうな。

だけどこれも僕の人生のパーツの一つ。

 

この靴を動かすのは僕。

 

靴に頼るのでなく 僕は僕を頼りに進むんだ。

そして この世の全てに愛されながら。

 

皆んなも行こう。その先へ。


katsu

 

※情報は2016.1.5時点のものです

Katsu(カツ)

katsu(カツ) クリエイター 福岡県在住

katsu ドラマチックStory Blog=http://ameblo.jp/katsu-kig/

katsu Facebook https://www.facebook.com/katsuf

人生は1度しかない自分が主人公のドラマだと思います。 人はそれぞれにオリジナルの素敵なモノを持っている。 それを活かし 自分を活かすだけ。全てはシンプルです。 僕のイラストや写真や言葉に触れて頂いた方が自分の中にある素敵なモノに気付き、あなたの人生が今よりもっと素敵な物語に変わってもらえれば幸いです。 katsu

この記事もおすすめ