大切なのは、自分に「足りないもの」に気づくこと。

何かが足りない

何かが足りないのである。

 

先日、愛する馬から落馬してから

何かが足りないのである。

 

どうにもこうにも

気分が上がらないのである。

 

どうして私のプロフィール写真は馬なんだろうと思われた方もいるかも。

 

私は4年ほど前から馬の魅力に取りつかれ

馬と無邪気に遊ぶことによって全てが満たされた感覚を味わい

ただただ馬が好きなのです。

 

そして、初めての落馬

 

今は大好きな馬に時々しか会えないけれど、

10年後にはこの子を自分の馬にして

ずっと可愛がるぞーというほのかな夢。

 

それが馬に乗ることに抵抗が出てきてしまったからなのか

まだ体が痛いからなのか

 

しかしその体の痛みも、周りの心配も、

なぜか人ごとのように思えてしまう

ちょっとおかしいぞ…

 

ここで、心理カウンセラーとして自分の心に向き合う

 

そして、気づいたー

「あー、母なんだ」

 

父は、「言わんこっちゃない!」と

父らしい愛情表現で心配してくれたり、

周りの友人も心配してくれるけど

 

そこはやはり「大丈夫、大丈夫」

と強がる自分がいて

元気でいなきゃという自分が出てくるものであり…

 

「あー、母なんだ」

 

気づいた途端に涙が出て、

 

「痛いよ、怖かったよー」と母に向かって言ってみた

 

そう、足りないのは母の心配でした。

 

そう思ってみると、なぜこんなに乗馬に夢中になったのか。

 

初めて乗馬に行った時に、

どんなに楽しかったかを母に伝えたら

 

もうベットの上で動けなかった母が

「まぁ素敵」とにっこり笑ってからなんだなー

 

だから、今も馬に乗ると、

母が見ていてくれるような気がするんだなぁと言う事

 

私は母に心配して欲しかったんだ。

 

『納得』

 

母が亡くなって3年

 

4人兄弟の長女として、

母親代わりに頑張ってきたけれど

やはり私も母の子供であり。

 

亡くなってからも、

そばにいる感じはするけれど

こんな時にはかいがいしく手当てをしてくれた母を、

私の心は求めていたのですね。

 

そこに気づいたら、

足りないものに気づいたら、

心が解放されました。

 

心ってそういうもの。

 

さあ、今年も楽しく過ごせそう!

馬に会いに行こう!

 

忙しさの中流れていく日々でも

心理カウンセラーという仕事柄

自分の気持ちにも目を向けてはいるけれど

 

やはり母を求める心というのは

常に奥底にあるものですね。

 

馬から繋がる色んな心の動きがありました。

気付かなかった自分の心をのぞいたり

心を整理したり、

自分の方向付けをしたり

 

素敵な1年を心地よく過ごすために

お花の力を借りて心を見つめる、

 

私も大好きなフラワーセラピーをします。

 

講座概要

日時:2016年1月16日(土)

昼の部 13:30~16:00

夜の部 18:30~21:00

場所:西日本新聞会館(大丸福岡天神店のビル)13階会議室

※国体道路側ではなく、市役所側(福岡銀行側)のエレベーターをご利用ください。

参加費:10,000円(お花代、材料費込み)

※制作されたアレンジはお持ち帰りいただけます。

定員:各回18名(先着順)

申し込み先:hopepurelife2007@gmail.com

 

※情報は2016.1.8時点のものです

鹿屋 由佳(かのや ゆか)

全国心理業連合会認定プロッフェショナル心理カウンセラー。福岡市出身。
全国の企業、病院、大学など、各地で講演するほか、医療系アンチエイジング会社代表、元『今日感テレビ』コメンテーター、女子力アップ講座や心理カウンセラーとしてのメディア出演も多数。東京・福岡での面談カウンセリングの他、日本最大級500名越えのカウンセラーが在籍する電話カウンセリングの『ボイスマルシェ』では、人間関係部門1位を続けています。
「心の取り扱い方」動画セミナー出版

各地の講座のご案内など詳細はブログをご覧ください。
ブログ
http://cute.ap.teacup.com/kanoya/

関連タグ

この記事もおすすめ