【長廣百合子】男性への育児支援まだ 働き方変える動き期待

「育休?専業主婦の奥さんがいるのに?」「男は仕事優先!保育園のお迎えは奥さんに任せたら?」。産休・育休明けの復職プログラムや短時間勤務制度の導入など、家庭と仕事の両立を目指す母親の支援に取り組む企業は増えつつある。しかし、「父親」に対してはどうか。冒頭のような言葉が投げ掛けられるのは珍しくない。

 

核家族化や祖父母の高齢化が進む中、専業か共働きかに関係なく、男性も家事や育児など「家の仕事」の戦力になる必要が出てきた。「夫婦でするのが当然」と考える男性もいる。現代の夫婦にとって、家事や育児は必ずしも女性の仕事ではないのだ。しかし、当事者夫婦の思いに関係なく、「男が稼いで女が家を守る」という昔ながらの価値観で語られる場面は多い。制度よりも、上司や同僚の性別役割意識が壁になっている。

昨年夏に夫と立ち上げた会社では、家庭・企業・地域に対し、妊娠や出産、育児というライフイベントを迎えた「子育て期の男女」が、子どもを産み育てながら安心して働ける環境づくりの提案を進めている。その中で、訪問する企業の多くが、現状では「母親」の働き方に対する支援に終始し、「父親」へのサポートは手付かずという状況だ。男性の育休取得率が約2%というのもうなずける。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ