映画で現代を学ぶ「シネカル天神」2月開講!

さまざまな社会問題を扱った映画を鑑賞する「シネカル天神」が2月から、西日本新聞TNC文化サークルで始まります。一般の映画館ではなかなか見ることができない話題作ぞろい。楽しみながら現代社会の問題が学べます。 

2月の作品は「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」。大量生産・大量消費のファッション産業の今と、向かうべき未来を描き出すドキュメンタリーです。

3月は、日本人と外国人の間に生まれた子どもたちの心を追った「ハーフ」、4月は国籍20カ国の生徒24人が学ぶパリの中学校・適応クラスの記録「バベルの学校」です。

毎月上映は2回。開催日は次の通り。

2月18日(木)19時~、21日(日)13時~

「ザ・トゥルー・コスト」

3月17日(木)19時~、20日(日)13時~

「ハーフ」

4月17日(日)13時~、21日(木)19時~

「バベルの学校」

5月15日(日)13時~、19日(木)19時~

「七転び八起き アメリカに渡った戦争花嫁物語」

6月16日(木)19時~、19日(日)13時~

「それでも僕は帰る~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~」

7月17日(日)13時~、21日(木)19時~

「台北カフェ・ストーリー」

鑑賞1回1200円、3回チケット3000円、高校生以下800円(いずれも税込)。事前予約が必要です。092-721-3200。

 

※情報は2016.1.28時点のものです

西日本新聞TNC文化サークル アイ&カルチャ天神

住所福岡市中央区天神1丁目4-1(西日本新聞会館16階)
TEL092-721-3200
URLhttp://www.i-cul.jp/tenjin/
その他

※博多大丸が入ったビルです。

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ