そのダイエット、間違いかも?! タイプを知り効果的に痩せよう!

皆さん、こんにちは。フィジコの部屋へようこそ!

まだまだ寒い日が続きますね。

私は運動する!と、張り切っていましたが…ごめんなさい。

部屋にこもって、甘くて温かい飲み物でほっこり癒されています。

 

以前お会いしたスポーツジムのトレーナーさんに、「ダイエットは冬がおすすめ」とアドバイスをもらいました。気温が下がり、体温を保つためにカロリーを消費し、熱を作ろうと基礎代謝が上がる冬こそ、ダイエットには向いているそうです。

やっぱり、始めるなら今か。

 

☆前回のおさらい☆

私、フィジコが出会った「フィジカル遺伝子分析サービス」。

これは、ヒトの身体を構成している、32億個の遺伝子の中から、「肥満・代謝」に関する3つの遺伝子、「運動能力(フィジカル)」に関する4つの遺伝子を分析して、「今の自分」を知るためのサービスです。前回は、前篇として「肥満・代謝」の遺伝子についてご紹介しました。

https://fanfunfukuoka.com/column/37058/

今回は、フィジコの衝撃の分析結果から。

☆フィジコは「脂質摂取&エネルギー消費リスク型」☆

 

 

上の図のように、遺伝子分析だけだと、私は紛れもなく「エネルギー消費リスク型」であることが発覚。代謝が活発なため筋肉がつきにくく、その結果太ってしまうタイプとのこと。確かに!と、思う節は多々あります。

そして、糖質では太りにくく、脂質で太りやすいタイプ。今までの我慢してきた、白米や麺類を控えてきたいのは…何だったのか。

 

ただ、ライフスタイルの分析が加わった総合判定では、糖質摂取リスクが少し高まっていました(泣)やっぱり、日々の食生活は大切なんだと、実感する結果です。

☆「肥満・代謝」の分析結果レポートより☆

【フィジコの食べる順番】

野菜→タンパク質(お肉・お魚など)→糖質(ご飯など)

【フィジコの食べるもののバランス】

タンパク質はしっかり摂って、脂質は少な目に。糖質は普通で大丈夫。

【フィジコにとって効果的な運動】

□特に下半身強化のための筋力トレーニング

□自転車や水泳など少しハードな全身運動

などなど

 

結果レポートには、イラスト入りでオススメの運動が紹介されています!

食べる順番やバランス、効果的な運動は、一人ひとり異なり、これはあくまでも、私フィジコへのアドバイス。何カ月も糖抜きダイエットをしているけど、痩せない!!なんて方は、フィジコと同じような特徴を持っているのかもしれません。

自分の身体の特徴を知っていたら、もしかしたら…なんて考えてしまいます。

次の更新では、「運動能力(フィジカル)」に関する遺伝子分析を、ご紹介しますね。

 

※情報は2016.2.5時点のものです

フィジコ

いろいろと心境の変化や身体のことを考え始める30代前半の女性。医者や美容のプロではないが、ある意味「健康オタク」。流行には敏感でミーハー要素は持ちながらも実は慎重派。仕事もプライベートも充実。ただ最近、身体や心の老いや健康が気になり始めている。フィジコは聞き上手なため、いろいろな人が相談にやってきます。

関連タグ

この記事もおすすめ