天才三味線奏者“浅野祥さん”がネパール人ビカスに三味線レクチャー♪

福岡&世界の皆さん、こんにちは!

Feel Fukuoka Japanです♪

今回は、ネパール出身のビカスが大濠公園能楽堂で三味線を初体験してきました!

大濠公園能楽堂は、能や狂言の公演はもちろん、クラシックやジャズのライブ、演劇など、各種公演やイベントにも利用されています。今回はここでプロの津軽三味線奏者である浅野祥さんが演奏されるということで、その様子を見学させていただきました。

浅野さんの楽屋を訪ねると、三味線という楽器の説明を丁寧にしてくださいました。

初めて間近で三味線を見たビカスは興味津々。即興でネパールの民謡「チャンバー」まで演奏してくだり、故郷の懐かしい曲に、思わず歌いだすビカス。

本番の公演も見学させていただきました♪

ビカス「最高の気分です!」

浅野さんの素晴らしい三味線の音色に、非常に感銘を受けたようです。

浅野さんに三味線という楽器のことや、その魅力をたっぷりと教えてもらったビカス。自分も演奏したい!ということで、特別に浅野さんからレクチャーしていただけることになりました。

手の角度や力の加減など、三味線の奥の深さに苦戦しながらも、浅野さんの丁寧なレクチャーでどんどん様になってきたかも?日本の曲「さくらさくら」を教えてもらい、上手に弾いていました。

浅野さんは天才三味線奏者としてだけではなく、2016年には演歌歌手としてもデビュー!全国でご活躍されています。2016年1月6日には新曲「忠治が泣いている」がリリースされ、好評発売中です☆

http://www.j-s.co.jp/asano/discography.html

皆さんもぜひ、三味線の魅力に触れてみてくださいね♪

 

Feel Fukuoka Japanでは、これからも福岡の魅力を世界へ発信していきます!次回の動画もお楽しみに!(現在、ボランティアで動画の制作を手伝ってくれる方を募集しております。興味のある方は、ff-business@feelfukuoka.com までぜひご連絡下さい♪)

 

※情報は2016.2.4時点のものです

Feel Fukuoka Japan

福岡だからこそ体験できる『楽しい』『面白い』を、福岡在住の外国人による視点で紹介しています!まだ福岡に訪れたことがない世界中の人々に、もっと福岡を知ってもらいたい!観光スポットだけではなく、訪日される外国人観光客の『悩み』や『不便』も動画でサポートして解決。YouTubeで様々な情報を発信し、「絶対にFukuokaへ行く!」そんな夢を世界中に届けます♪Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/welcomefeelfukuoka

この記事もおすすめ