すぐにできる!子どもが本好きなる3つの工夫

こんにちは。
幼児教室レクルン福岡天神教室の平田です。

今回は“子ども”と“本”についてお話させていただきます。

「絵本を読んでも全然楽しんでくれない」

「本に興味を持たせるにはどうしたらいいですか?」

なかなか思い通りにいかない本の問題。
たまに思い詰めたような表情で相談をいただくのですが、あまり深刻にならず少しの工夫で子どもに変化が現れることもありますので、是非ご参考にして下さい。

今日は「環境」「楽しさ」「擬似体験」の3つをキーワードに考えてみます。

 

①見える範囲に本を置く

子どもの周りに本を自然なかたちで置いてあげましょう。
一番簡単なのはリビングに本を置くスペースを作ることです。
生まれた時から目に入る範囲に絵本があって「これは何かな?」と興味をもつところに始まり、それを手にお母さんやお父さんがお話をしてくれて、それが親子のコミュニケーションの時間になる――このくり返しで、本がお子さんにとっての生活の一部になります。

②楽しい時間にする

親子で絵本を読むときの優先順位は、お互いに楽しんでいるかが第一
子どもがちゃんと聞いているか、お家の方が間違えずに内容を読んでいるかなどの「形」は大事ではありません。
「言いっぱなし」「聞きっぱなし」くらいの気軽さで、「おいしそうね~」「〇〇ちゃんはどれがいい?」といったふうにどんどん言葉をはさんで会話を楽しみましょう
まだお話をしない子どもに対しても、たくさん話しかけながら読んであげてください。
また本を読んだ後感想を聞くのはNGと言われたりしますが、これは一方的だったり、尋ねる大人の側が無意識に「正解」を用意しているため。
「本が出てくる=パパママとお話できる」と連想できれば、本は子どもにとって楽しい時間になります。

③知らない世界を擬似体験させる


大人子どもを問わず、本を読むことは自分の知らない世界を擬似体験することです。
世の中のほとんどのことをまだ知らないお子さんにとっては、本を読むことは新しい発見の連続。
初めの絵本は「これは何」「何をしているところ」などわかりやすさも大切です
子どもは驚くほど絵本から知識を吸収します。
年齢があがればストーリーを楽しめるようになるので、ファンタジー、アドベンチャー読むジャンル増やしても良いです。
本が好奇心を刺激してくれるものになれば、子どもは「本は友だち」と思えるのではないでしょうか。

構えず、形にとらわれず、本を身近なものにしましょう。
子どもが大人になったとき「いつも側に本があったな」と思ってくれたら、こんな素敵なことはないですよね。

※情報は2016.2.19時点のものです

レクルン福岡天神教室

住所福岡市中央区大名2-1-55 中央コンタクトビル5F

大きい地図で見る

楽しくて賢くなる子育てノート

福岡天神の1~3歳向けの幼児教室「レクルン」の平田です。
育児のワンポイントアドバイス、手作り知育おもちゃの作り方、などご紹介していきます。
幼児教室レクルン:http://www.recrun.net/

◆不定期更新

この記事もおすすめ