バッハの最高傑作を演奏 福岡女学院創立130周年記念

福岡女学院(福岡市南区)が、創立130周年記念事業として本年度行ってきた「ミッション・バッハ・イヤー」。その最後を飾るコンサート「マタイ受難曲」が3月27日午後4時から、福岡市・天神のアクロス福岡シンフォニーホールで開かれます。この日は、イースター(復活祭)でもあります。

バロック時代の作品をオリジナル楽器で演奏することを目的に結成された「バッハ・コレギウム・ジャパン」(音楽監督・鈴木雅明)が、韓国を代表するバロック演奏団体「バッハ・ゾリステン・ソウル」と協演します。福岡女学院高の音楽科有志による合唱も加わります。聖書への思いと、さまざまな技法によって作られたバッハの最高傑作をぜひお楽しみください。

S席9,000円、A席7,000円、B席5,000円。

アクロス福岡チケットセンター(電話092-725-9112)

問い合わせは福岡女学院総務課=092-581-1492。

 

※情報は2016.2.20時点のものです

アクロス福岡シンフォニーホール

住所福岡市中央区天神1-1-1
URLhttp://www.acros.or.jp/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ