「運動能力」に関わる遺伝子分析で“老化”や”美容”などに関する将来のリスクを知る!

皆さん、こんにちは。フィジコの部屋へようこそ!

2月も残すところ1週間。まだまだ朝夜は冷えますが、日中の日差しはポカポカしてきましたね。春は確実に近づいてきています。そう、春です。だんだんと薄着になるわけです!引き締まった身体を手に入れなければ!!

☆前回のおさらい☆

フィジカル遺伝子分析サービスのうち、「肥満・代謝」についてご紹介しました。

少し太ったなと思った時、フィジコは、白米や麺類といった炭水化物、つまり糖質を我慢していましたが、実は太る原因は脂質にあることが発覚。今まで間違ったダイエットをしていたという、衝撃的な検査結果が出てしまいました。

身体を知ることって、やっぱり大切です。

https://fanfunfukuoka.com/column/37506/

今回は、いよいよ「運動能力」に関わる遺伝子分析についてです。

☆フィジカル遺伝子分析サービスの紹介 後半~「運動能力(フィジカル)に関わる遺伝子」~☆

「今の自分」とは、生まれ持った体質(個性・特徴)とライフスタイルから成り立っていて、運動能力も生まれ持った体質と、今までどのような運動をどれぐらいの頻度でしてきたか、食生活はどうだったか、といったことが関わっていると言われています。

運動能力を知るために、フィジカル遺伝子分析サービスでは、次の4つに関する遺伝子を分析します。

この4つを見て、どのようなイメージ・印象を持ちましたか??

「私はアスリートじゃないから」。

これが私の正直な感想でした。でも…言葉を置き換えて説明してもらうと、すごく納得して、私にぴったりなのかもと。

 ☆4遺伝子の解説☆

少し聞きなれない言葉が含まれているかもしれませんが…

【瞬発力】

瞬発的に強い力を発揮して素早く運動する力、瞬発的な運動能力を評価しています。瞬発的な運動能力が高く、短期間に集中して力を発揮することが得意なタイプか、筋持久力が高く、長時間継続して一定の力を維持することが得意なタイプに分かれます。

【持久力】

継続的な運動能力を評価します。筋肉を使った運動を継続するための遅筋による筋持久力、全身活動に必要な、酸素と栄養素を届ける全身持久力です。

【骨力】

骨の新陳代謝・骨を作る力を評価します。骨は身体を支えるだけでなく、筋肉の収縮により関節を動かすことで、全身運動を実現する力です。

【回復力】

活性酸素の除去力を評価します。身体活動に必要なエネルギー産生とともに発生する、活性酸素を除去し、炎症や疲労感を抑制する力です。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ