男性が育児休暇を取れば、イクメンの仲間入り!?

『育児休業を取れば、イクメンなのかい??』

イクメンイクメンと騒ぎ出されてここ近年…

政府も世論も男性の積極的な育児参加が求められる一方で、男性の育児休暇取得率は現在2.3%程度だそうです。(2014年度厚生動労省「雇用均等既報調査」)

2.3%??100人中、2人ってこと。

これを少ないのか?多いのか?人それぞれですが…

世界と見比べれば一目瞭然。

<世界の男性の育児休暇取得率>

イギリス…12%  ドイツ…18%  スウェーデン…79%  ノルウェー…89%

※アメリカは育児休暇という制度が唯一制定されていない国です。

これを見ても、お分かりの通り、

やはり日本の男性の育児休暇がどれだけ低いか分かりますよね??

余談ですが…

子育てや教育面において世界的に有名なのは北欧

上の取得率を見ても、スウェーデンやノルウェーが極端に高い!

実はここには国家的な動きが隠されていました。

実はここには国家的な動きが隠されていました。

これは両国とも「パパ・クオータ制度」というのを義務からきてます。

【パパ・クオータ制度】

育休の一定期間を父親に割り当てるものです。93年にノルウェーが導入し、北欧を中心に広がりました。ノルウェーの場合、育休を最長で54週間取得できますが、うち6週間は父親のみが取得できます。父親が取らなければ、権利が消滅してしまうのが制度の特徴です。育休中の手当は、最長の54週間取得した場合は出産前の給料の80%、44週間までなら100%が支給されます同様の制度はスウェーデン(合計特殊出生率06年1.85)でも95年に導入されています。両親合わせ480日の育休のうち、父親、母親に各60日が割り当てられ(パパ・ママ・クオータ)、それぞれが取らなければ消滅する仕組みです。(HP:ものしり手帖引用)

こうやって国自体、社会全体から男性の育児休暇を勧めているところです。

とはいえ、日本がこういう制度を設けていないわけでもありません。

代表的なのは【育児休業制度】

子が1歳(一定の場合は、1歳半)に達するまで(父母ともに育児休業を取得する場合は、子が1歳2ヶ月に達するまでの間の1年間<パパ・ママ育休プラス>)の育児休業の権利を保障。(厚生労働省HPより引用)

またイクメン、イクボスを推進する団体「NPO法人ファザーリングジャパン」さんなど多くの団体がこの男性の育児参加や育児休暇を勧めているのです。

色々な動きから男性の育児に対する姿勢が変わってきましたが…

色々な動きから男性の育児に対する姿勢が変わってきましたが…

しかしながら現実、なかなか難しいのがこの日本です。

色々な問題や課題があるにしろ、これじゃいけません!!

どげんかせな!!

さて前置きが長くなりましたが…

その男性の育児休暇について、最近ある事件が起こりましたね。

そう…あの国会議員さんのあの不倫事件です。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ